まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ムサシアブミ

ムサシアブミ トップ
サトイモ科 テンナンショウ属
123456789101112

Arisaema ringens (Thunb.) Schott

株元付近から2枚の長い葉柄を持つ斜上する3出複葉をつまった互生に出し、一方の脇から花茎を出している。
花の丈は20cm程度で葉より低い位置、花は10cmから12cm程度。草丈は40cmから50cm程度。
葉の形状のせいか林内で巨大に見える。ちょっと怖いがやたらかわいらしく、思わずにんまりしてしまう。

周囲ではウラシマソウとマムシグサばかりなので、違うものを見つけると余計にうれしい。

全景と花の様子

ムサシアブミ 全景 ムサシアブミ 花 口より基部側では赤紫と白のストライプ、口から上(前に被さる舷部)は緑と灰色気味の白のストライプ
口部分は左右が強い耳になっていて、しかもややつやのある黒紫なので、色の違いが目立って面白い。
前に被さる舷部は強く盛り上がって巻いていて、ボリューム感があってこれがまたかわいらしい。

葉の様子

ムサシアブミ 葉 ムサシアブミ 葉 葉柄は白緑でかすかに紫味がある。より白身の強い短い筋状斑点がある。やや筋があるのだが、全体にのっぺりしている。
つやの強い鮮やかで濃い緑の3出複葉はこの種の特徴で、小葉は20cm程度、基部側がそれぞれぴったり重なるくらい広い卵形で、 縁はややよれている。先端は強くつまんだように細く、鋭い。
斜め前方にほとんど平行に走る側脈は縁に到達せず、縁の一段手前は葉のシルエットと同形(⌒⌒⌒⌒⌒という感じになっている。)に脈が走る。


花確認:
2008(F4)

宮城県版のテンナンショウ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。