まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ムギクサ

ムギクサ 全景
イネ科 オオムギ属
123456789101112

Hordeum murinum L.

総は稈頂点にひとつで芒を含んで長さ10cm程度。
丈は25cmから40cm程度だが長さは40cmから50cm程度か。
根元で大量に放射状にほぼ寝て叢生、放射状に基部が進み上方向にぽきぽき折れ曲がって段々湾曲斜上する。全体が地面を這いはしない。
稈や葉鞘は無毛。
葉は4、5回つく。
(※たまたま調べるために手に取った花序が異形だった(各節2小穂)ため、最初、見当をつけられなかった。後日他の花序を見てムギクサと判断。L⇒文書を公開化

株元の様子と花序、若い花序

ムギクサ 株元 ムギクサ 花序 ムギクサ 若い花序 下部には枯れた葉が目立つ。外に出ている成熟した葯は薄い灰紫色。

全景と、花序を上から見た様子

ムギクサ 全景 ムギクサ 花序真上から 6条だが結実する中央小穂が小さいのでそばで見ないとX字に見える。よく見るとちゃんと雪印状。

節基部の拡大

ムギクサ 節部 ムギクサ 節部柄の裏 節から狭逆台形の柄が出てその先端に3小穂が完全に並んでつく。この、表が盛り上がり裏が窪んだ「柄」を取り外すと残った軸が背骨のよう。
「柄」の基部と先端は黒紫に染まり、透明の微細な斜上毛が密に生える

三小穂の様子

ムギクサ 節から上3小穂 ムギクサ 節から上3小穂 3つ並んだ小穂はそれぞれ単小花
中央小穂は苞穎の下には柄がなく、側小穂は苞穎の下に1mm程度の柄がある
(苞穎基部から護穎までには、どちらも短い柄がある。)
柄には微細な棘状の伏した斜上毛が生えるが、肉眼ではほとんど見えない。
中央小穂は少し小型で、芒の先端までで4.5cm程度、苞穎はふたつとも下部が広くなる。
側小穂は少し大型で、芒の先端までで5.5cm程度、苞穎は内側にある方は中央小穂のもののように基部が広くなるが、外側のもう一方は基部から針のような線形で広くならない
広くなる苞穎には色が違い目立つ脈がある(3脈あるが中央以外は縁にあるので目立たない)
護穎には色が同じなので目立たないが3本の稜(竜骨)がある模様。

ムギクサ 苞穎の広くなった下部 ムギクサ 内花穎の先端 ムギクサ 芒拡大 護穎の、芒を除いた本体部分では表面はすべすべで柔らかく弱い。
側小穂の内花穎にのみ、表面に微細な軟毛が生えている模様。
どの内花穎とも、先端が二股状
苞穎の芒を除いた本体部分の縁には、白い長い、やや裏側方向に倒れた斜上毛がある。

どの小花内にも一応オシベ・メシベがあるのだが、側小穂の小花では子房が極めて小さく細く、機能を失っている模様。
中央小穂の、結実するとされる小花の子房は1mm程度ある。
苞穎・護穎とも芒には微細な斜上棘があり、紙の上で下方向に引っ張っても動かない。

節から上の単純化した図

ムギクサ 2小穂の様子 赤い線の部分は、苞穎縁に長毛がある範囲。

葉と葉舌・葉の毛の様子

ムギクサ 葉 ムギクサ 葉舌 ムギクサ 葉の表面の毛 葉は葉耳が白く大きく目立つ。整ってきれいにとりまいた葉舌も見える。
葉は横向きになっている。
総のぎりぎりまで葉鞘がある。
葉は表裏とも白い開出軟縮毛が密生

果実の時期

ムギクサ 果実期の穂(花序) 鮮やかな赤紫に一旦染まってからベージュになる。

果実期の節のセット(3小穂)と種子の様子

ムギクサ 果実期の3小穂表から ムギクサ 果実期の3小穂裏から ムギクサ 種子 中央小穂のみが稔る
曲げ耐性が下がり、開きやすい。
種子は長さ4.5mmから5.5mm程度で倒長楕円、灰青色。


花確認:
2008(F4)(F5)
実確認:
2008(C5)(C6)(C7)

宮城県版のオオムギ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。