まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ササバギンラン

ササバギンラン トップ
ラン科 キンラン属
123456789101112

Cephalanthera longibracteata Blume

花は半開きの側萼片での幅で1.2cmから1.5cm程度。
草丈は20cmから50cm程度で、30cm程度のものが多い。
葉も苞葉も細く、全体にスマートですらっとしている。葉は、葉に見える苞葉を除いても6枚程度と、やや多い
下部の方の花の苞葉はやたら大きく、線形だがやや中太りしてまさに葉のような形態をしていて、花序の長さと同程度かより長い場合が多い。
生育場所の都合等もあるが写真にするとどうしても青々とした葉に写ってしまうので補足しておくと、葉はキンランのように明るい柔らかい色。


顎状の距の出具合や花の大きさ、唇弁の内側の黄色系模様、苞葉の長さバランス、葉質で、ギンランやクゲヌマランと区別できる。

キンランのそばで咲いていることも多い。

全景と花序の様子

ササバギンラン 全景 ササバギンラン 全景 ササバギンラン 全景 ササバギンラン 全景
ササバギンラン 全景 ササバギンラン 花序 細くてやたら長い苞葉がつんつん目立つので、すぐそれと分かる場合が多い。
ただしそれだけで判断してはいけない。
花つきが少ない方が清楚な感じで美しい。まぁ華やかなのもそれはそれできれいで、どっちにしろ嬉しい。

蕾と花の様子

ササバギンラン 閉じている花 ササバギンラン 花の後ろ ササバギンラン 花(メジャーと)
印象としては、側萼片(外に開いているもの)は側花弁(兜になっているうちの左右2枚)より大型。よく見ると側花弁は結構幅が広い印象。
即萼片は披針形でとい状に内側に巻いている。また、途中でへの字に下向きに曲がっている。
唇弁の内側基部には隆起線があり、線の上だけでなく周囲全体がのっぺりと彩度の低い山吹色に染まる
唇弁基部は距となってあごのように突き出る。
側萼片以外は、片同士に隙間が出るほど強くは開かない場合が多い模様。かぶとのようになっている。
※言われる前に書いておくが、メジャーと撮ったものはちぎって撮ったものではなく、咲いているままにメジャーをかざして撮ったもの。日陰で低速シャッターなのもあり、片手持ちでは見事に手振れしたが、まぁこの際仕方ない。
ササバギンラン 開いた花 ササバギンラン 花 ササバギンラン 花 花の下の薄い白緑系の部分は花柄ではなく子房で、花期は捩れている
なお、最上部の花の苞は「苞葉」にならず線形の小片で極めて小さい。

葉と葉縁・葉裏の突起の拡大、茎の稜の突起の拡大

ササバギンラン 葉 ササバギンラン 葉 ササバギンラン 葉縁と葉裏の突起
葉は枚数だけでなく長さもわりとあり、大きな笹の葉のよう。苞葉は細いのだが葉の方は少し太めなので、笹の葉くらいのバランスのものも多い。15cm以上ある。幅は2.5cm程度。
葉裏脈上と葉縁には、密に微細な棘状の透明乳頭状突起が生え、肉眼でも一応見え、触ると少しだけざらつく。
葉の基部は茎を抱く。
基部側に重心があり、披針形、か。
脈は多く入り、また、しっかり立体的に筋張って目立つ。
ササバギンラン 茎の稜の突起 ササバギンラン 軸の量の突起 茎や花序軸の稜にも、密に微細な棘状の透明乳頭状突起が生え、ざらつく。
各所の毛は、葉の枚数、苞葉の形態と併せて、ギンランやクゲヌマランとの区別のための手がかりのひとつとなる。
肉眼でも一応見えるし、ルーペで見ることができればすぐに分かるが、通常の顕著なものであれば触っただけでざらっとするので生えているのが手で分かる。

巨大株の無残なその後

ササバギンラン ちぎられた ササバギンラン ちぎられた 花期の大株を見つけた個体で、しばらくして花後の姿を見ようと再訪したところ…。
またやられた。どこへ行ってもこれに大量に遭遇するのが、悲しい。
咲いていてきれいな部分だけもぎったのだろう、花の終わった部分は残されていた。

果実期の様子

ササバギンラン 果実期全景 ササバギンラン 果実 葉が細長いのはあるが、こうなってしまうとそばにあるキンランと似ていて段々分からなくなったりも。…。


花確認:
2008(F5)
2011(F5)
実確認:
2011(C6)(C7)

宮城県版のキンラン属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。