まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

スイバ

スイバ 全景
タデ科 ギシギシ属
123456789101112

Rumex acetosa L.

花は1.5mm程度と小さい。草丈は40cmから1.2m程度。
花穂は紅いので、作りは地味で小さいが全体は派手。
属は一緒だがギシギシの仲間と異なり雌雄異株。
虫の食害がいつもひどく、あまりよい状態に出会えない。

全体の様子

スイバ 雌株全景 (なお、これは雌株。)

若い雌株と雌花の様子

スイバ 若い雌株 スイバ 雌花 左は若いものだが、右は最盛期の拡大。サクラデンブでできたブラシのようなのが柱頭。
既に花被片が大きくなっているものも見られる。

若い雄株と雄花の様子

スイバ 若い雄株 スイバ 雄株花序 スイバ 雄花拡大 雌株と比べると地味で、ややまばら。
色は濃さがまちまちだが、葯の表面はしみ状に紅く染まる、黄色地のもの。

葉の様子

スイバ 葉 スイバ 下の葉 スイバ 茎葉 わりとつやがある、のっぺりした葉。
下部の葉は基部が耳形ないし心形で、ヒメスイバのような尖って細く張り出した矢じりではない。(そもそも茎の無骨さも全草のサイズもまったく異なるが。)
上部の葉は基部が左右尖った三角に後方に張り出していて、茎を強く抱く。糸切狭のよう。

若い果実

スイバ 若い果実 ギシギシと異なり、こぶ状の粒体はない。


花確認:
2008(F4)(F5)
実確認:
2008(C5)
2011(C5)

宮城県版のギシギシ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。