まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヒメコバンソウ

ヒメコバンソウ 全景
イネ科 コバンソウ属
123456789101112

Briza minor L.

花は小穂の長さで3mmから3.5mm程度、果実期の少し間延びした状態でやっと5mmあるかないか。草丈は20cmから35cm程度。
得体の知れない虫のサナギの様なコバンソウとは異なり、小さくてきれいな三角形でおにぎりのよう。
頂点の葉は立っている。
全草、柔らかい。
葉鞘と葉身との境界にどうも顕著な葉耳が見えない。どこが葉鞘でどこが葉身なのか…分からない。

若い個体の様子

ヒメコバンソウ 若い全景 ヒメコバンソウ 若い花序 葉鞘の重なり部分から一方にまとまってワイヤーのように何本もの総が出て、おにぎりのほうき星のよう。

花序が展開した個体の様子

ヒメコバンソウ 全景 ヒメコバンソウ 花序 よく展開したものは、にぎやかで、小さいのでやたらかわいらしい。
実際には音はしないが、しゃらしゃらなりそうな雰囲気がいい。
各所で3方に別れることを繰り返す。先端にひとつ小穂をつけるか、それと同じ部位から出た軸はもう一度2つにだけ分かれてそれぞれに小穂をひとつつけるかする模様。
(ざっとそういう着き方の印象というだけで、細かく分析したわけではないし、そもそもきれいに同じ狭いルールでできているとは限らない。)

小穂の拡大

ヒメコバンソウ 小穂(花) 各小花にコバンソウのような縦方向(下方向。つまり小花内で縁へ斜め前方に走る筋。)の緑の筋が入らないため、サナギっぽさは少ない。小さいことも相まって、こちらはだいぶかわいらしい。


花確認:
2008(F5)(F6)
実確認:
2008(C6)

宮城県版のコバンソウ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。