まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

カラスムギ

カラスムギ 全景
イネ科 カラスムギ属
123456789101112

Avena fatua L.

花はひとつの小穂の長さが芒を含まず2.5cm程度、草丈は40cmから60cm程度。
一見二股に分かれた全体のバランス的に巨大な印象の小穂をややまばらに着け、全体がやや枝垂れる。
主軸からぷくっと横に出た丸い出っ張りから3または4の小穂をそれぞれ5cm程度と長い柄を伴って開出させ、それぞれの小穂は下垂
このぷっくりとしたものはかなり間隔を置いてある。(ので、まばら。)
柄はくねくね縮れているものも多い。また、微細な斜上する棘状突起があり、引っかかる。
(※花序軸先端の小穂は、柄がかなり短い。)

なお、オートムギ(Avena sativa L.。エンバク、オーツ、オート麦。)とは種レベルで別のもの。

全景と群落の様子

カラスムギ 全景 カラスムギ 群落 晴天時に見ると真っ白な草むらとなり結構まぶしい。風が吹くとしゃらしゃらなって心地よい。

花序の様子

カラスムギ 花序 カラスムギ 花序

小穂の様子

カラスムギ 小穂(花) カラスムギ 小穂(花) カラスムギ 小穂(花) カラスムギ 小穂内の小花(花)
カラスムギ 最下の小花の柄部分 各小穂は一見「二股」(2小花)だが、実際には3小花で構成される。
ぷっくり膨れてつやのある柄の先端で、2.5cm程度と巨大な苞穎が2枚、順に被さっている。苞穎は半透明の白で濃い黄緑の筋が何条も走っていて、軟らかい。
その内、先につく方の苞穎側にまず「無柄」で大きな小花がつき、次に逆側に短い柄のあるやや小型の小花がつき、その外花穎が腹側で合わさる部分から3mm程度の柄を出して最も小型の小花をつける
左右の大きな小花にはそれぞれ5cmと4.5cmと長く硬い芒が生える。
どちらの芒も、2/5程度のところでがたっと大きな小花側にずれて捩れる段があり、基部からそこまでは漆黒、 そこから先は段々と色が薄くなり緑褐色。芒は断面が明確な三角で、背がかなり顕著な角になる。
後述するが、芒のこの部分を境に性質が異なり、変わった特徴を持っている。

ふたつの大型小花の基部と外花穎には褐色できれいな長い直毛が密生。
(苞穎を開いたら褐色の毛だらけだったので最初はびくっとした。)

外花穎は先端1/3程度を残して鈍くやや濃い褐色。先端は濃い緑の筋がある白緑で縁が半透明。
右は、最初の小花と小穂の軸とをつなぐ…柄(「無柄」と先述したが、分かりやすく書いたもので、実際にはこれがある。)。ふたのような広がった三角形。(※三角の緑のは裏側。合わさる側同士を写したもの。表側はすべすべつるつる。)

葉と株元の様子

カラスムギ 葉 カラスムギ 葉耳 カラスムギ 株元

稔った状態

カラスムギ 稔った果実 カラスムギ 中央に位置する小型小花 カラスムギ 芒 ベージュになった大きな苞穎がきれい。芒の黒とのコントラストが更にきれい。
この芒、基部側の黒い部分は乾燥すると強く捩れてドリル状になり、水を含むと解ける。
そして先端側の緑褐色部分との境は90度折れ曲がる。先端側は捩れない。


種子と中央小花の様子

カラスムギ 大型小花の中の種子と中央にある小花の中身 外花穎はやや硬く弾力があってすぐに戻るので剥くのが少し面倒。
くしゃくしゃ非常に軟らかい苞穎からは予想もしない硬さ。
小花の中には、大きい方の大型小花で1.1cm程度、やや小さい方の大型小花で0.9cm程度の種子が入っている。
きれいなタン色でやや軟らかい。やや扁平な楕円形で、ベージュの軟かい直毛が上方に向けて密生している。
裏側の中央には縦に窪みがある。
最も小型の中央にある小花は長さ6mm程度で、全体褐色で、毛は生えていない。芒もない
中身は退化しているようで、オシベの残骸のようなものが1本入っている。

分解がうまく行かず誤って種子を強く押してしまい、潰れて真っ白な粘度の高い乳液が出てきた。

妄想

芒が硬く太く丈夫で刺さるとなかなか抜けないわけだがそれだと動物等により遠方へのみ運ばれることになるが、 しばらく負荷がかかっていると途中で捩れて段になっている部分でよく折れるので、 もしかしたら適当に運ばれた後ランダムに落ちてくれることを期待しているのかもしれない。

花確認:
2008(F5)
2009(F4)(F5)
実確認:
2008(C5)

宮城県版のカラスムギ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。