まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

オオイヌノフグリ

オオイヌノフグリ トップ
オオバコ科クワガタソウ連
クワガタソウ属
123456789101112

Veronica persica Poir.

花は8mmから1cm程度。草丈は、高さ自体は3cmから10cm程度にしかならないが、べたっと張り付いた感じによく伸びている個体が多く株のサイズは結構あって長さ数十cmになっている。環境によるが段々と斜上し先端はほとんど直立しているものが多い。
1cmから1.5cm程度と長めの花柄を弓なりに湾曲させて伸ばし上向きに花をつけるのでつんつんと花が飛び出して目立つ。花径には群落内・個体内でもかなりサイズにばらつきがある。5mm程度しかないものもたまにある。切れ込みが深いため花弁が4枚あるように見えるかもしれないがこれでひとつの花冠で、花後はオシベと花冠のセットですぐにぽろっと落ちる。
冬から早春の個体は葉が赤紫に染まり、やや無骨。花色も赤味が少し強めになっている場合が多い。

全景

オオイヌノフグリ 全景・周囲 オオイヌノフグリ 花序 オオイヌノフグリ 冬全景 栄養状態がよい草地等での青々とした姿。渋い葉色にならないため、もっともきれいに感じる。
当たり前の姿のはずだが、私が見ているエリアでは開発が進み、一旦区画整理や地ならしをした後に放置されていて土壌が妙で荒廃した空き地が残るくらいで、この光景はほとんど見られなくなった。
右は冬の姿。ずんぐりするものが多いが花はしっかり大きいので、比較効果で大きく見えて何だかいい感じ。葉は濃く渋い赤紫とはっきりした青々とした緑。寒くて染まっても荒れ地のものとは異なりくすんだ感じは少ない。

オオイヌノフグリ 荒れ地での姿 オオイヌノフグリ 花 代わりに見られるのが、こういった、荒れ地や道路脇で見られるくすんだ姿。
時期に関わらず茎は少し明るめのくすんだ赤紫で、葉も明るくくすんだ変な黄緑で灰黄緑を通って段々薄めの紫褐色になっている。それでも花はしっかり咲くし実もきちんとなる。環境が悪くても強いから生きて蔓延るだけで、別段、これが入ることでイヌノフグリを追いやったとかいうわけではないだろう。

オオイヌノフグリ 全景 オオイヌノフグリ 全景 多くの場合はややお日様方向を向いているため、道を歩いていて脇に見えるとこちらにみんな顔を向けているようで何だか微笑ましい。
写真を見ての通りだが、様々な色が混じっているのも普通。

追加

オオイヌノフグリ 全景 オオイヌノフグリ 全景 オオイヌノフグリ 全景 オオイヌノフグリ 全景
この花の印象に近い写真になったかなと思ったので写真を追加。

花の様子

オオイヌノフグリ 全景 オオイヌノフグリ 花 オオイヌノフグリ 花拡大 強く開くが縁に向けてふわっと丸く持ち上がっている。
花冠形状は個体差どころか同一株内で隣り合う花同士でも差が大きく、サイズとともにバランスも相当まちまち。この中央の写真のシルエットがもっとも美しいと思う。もっとも『普通』の形状。
ひらひら4枚の花弁に見えるかもしれないが4深裂する合弁花で、花後はオシベもセットにしてこれが丸ごとぽろっと取れる
花の中央部は最基部は黄緑で、その周囲は白い。縁に向かって沁みる青色がついていてその境界はぼんやりグラデーションになっている。また、濃い条模様が何本も入る
中央部には子房を取り巻くように毛が密生している。

典型的な形状の場合、上の片と横の片で色が濃く、条模様が目立つ。上の片は大きくかなりの広卵形で、白と青の境界に赤紫系で青方向にやや滲んだ帯状の染まりができている場合が多い。横の片は広卵形。下の片は小型になるものが多く、卵形か倒卵形で、色は白っぽく薄く、条も少ない。
各片は先端が窪む場合もある。
オシベは下部寄りで中太りした白い花糸が弱いS字状になり左右にやや開いていて、葯は濃い藍色で目立つ。かなり淡い白黄色の花粉が大量に出ている。花柱は赤紫だが、初期は色が薄く、ほとんど白。
オオイヌノフグリ 花 メシベ花柱は糸状というかかなり細いのでこうして見ないと分からないが、実は同じ太さではなく先に向けて太くなっている。

(追加分)

オオイヌノフグリ 花 オオイヌノフグリ 花 オオイヌノフグリ 花粉
こちらは道具を再作成した際のテストショット。ついでに掲載。右は葯を等倍トリミングしてみたもの。花粉が残り少なくなると、レモンを細くしたような長細い形状の花粉が分かりやすくなる(花粉の量が多いと分かりづらい)。アップは手持ちだったのでこれ(10倍ルーペを接続)が限界だった。
オオイヌノフグリ 花 オオイヌノフグリ 花 同じ群落どころか同じ個体の別の枝で日照・土の他の条件もまったく同一。赤いのやら青いのやら…。

(遊んでみたもの)

【開 く】【閉じる】

葉・茎の様子

オオイヌノフグリ 葉・茎 オオイヌノフグリ 下部の葉 葉は卵形もしくは楕円形で長め。やや外向いて目立っている先端の鋭い三角の鋸歯(多くは4から5対程度)がある。葉脈は通常、5本くらいは目立つ。葉の表にはかなりまばらに毛があるが、裏は毛が多く脈上と縁付近には特に多く生える。
下部の少しだけが対生し、その後は互生する。花を伴う部分になると互生するのかな(=苞葉)と何となく思ったが、実際のところはっきりとそういうものでもなかった。花があってもやたら下の方だった場合は対生しているものがあるし花が出ない場所でも互生している部分があった。カワヂシャなんかでは上の方まで葉は対生し花序内の苞は互生するが、こちらの種はまぁ性質がそういう風にはっきり分かれていない模様。
茎には白い開出気味のくねくねした毛が2列生えている。

果実の様子

オオイヌノフグリ 果実 オオイヌノフグリ 果実 オオイヌノフグリ 果実 オオイヌノフグリ 果実
果実も8mm程度。種子は大きな個体で2mm程度あり、果実とのバランス的にかなり大きい。イヌノフグリの果実と違い、よく膨らんでも少し扁平で、裂開時の裂け目になる部分はいつまでもエッジが残る。中央の写真はかなり膨らんだもの。表面はイヌノフグリと比べバランス的に長い軟毛が生えるが、イヌノフグリより密度は薄い。
花後、花柄も萼もよく伸びる。果実期には花柄は2cm程度

花色について

オオイヌノフグリ 色について オオイヌノフグリの花色にはかなり変化があり、このグラデーションマップにあるような範囲で大きく異なる。多少中途半端な傾向として寒い時期や荒れ地では赤みが差すものが多い。

強い赤系の花の場所

オオイヌノフグリ 全景 オオイヌノフグリ 花 某所の貝塚にて。広い草地にて、ある一角だけでは赤いオオイヌノフグリが咲いている。各所の毛のタイプや葉形・花形・花サイズ・葯や花柱等を評価して明らかにオオイヌノフグリだが、とても強い赤系の花色になっている。この写真では花だけのように見える極端に小株だがこの状態で咲いている。青い方は一角から数mだけ離れた位置で咲いている青のもので、既に散ったものを拾って置いてみた。比較用。(サイズがまちまちなので大小ふたつをピックアップ。)
同じ草地の中でもこの一角以外では赤いものは見られない。場所柄、赤いのは土壌要因だろう。

若干薄赤紫・筋以外白・除草剤

オオイヌノフグリ 薄い色の花 オオイヌノフグリ 筋以外白い花 オオイヌノフグリ 除草剤散布後の花 左二つは除草剤の影響のないもの。特に中央のものは、周りはみな青い花のものだったのだがこの個体の花だけみな白かった。
右のものは除草剤散布後数日の場所。萎れてきているもの、下部の葉が枯れてきているものもあった。除草剤の影響であっさり白くなるが、それと関係なしにも色落ちしやすい。
…というか、住宅地内で除草剤はやめてほしい。


なお、シロバナオオイヌノフグリというものもあるようだが、私自身は形質として安定して白いオオイヌノフグリを見たことはない。
※明らかに土壌要因と判断できる群落が500m程度に渡って延々ある場所は確認している。

花確認:
2006(F3)(F4)(F5)(F6)(F11)(F12)
2007(F1)(F2)(F3)(F4)(F5)(F6)(F7)(F9)(F11)(F12)
2008(F1)(F2)(F3)(F4)(F5)(F6)(F10)(F11)(F12)
2009(F1)(F2)(F3)(F4)(F5)(F6)(F10)(F11)
2010(F1)(F2)(F3)(F4)
2011(F3)(F4)(F5)
2012(F2)(F3)
2013(F2)(F3)
実確認:
2006(C5)(C6)(C11)
2007(C5)(C6)(C7)
2008(C3)(C4)(C5)(C6)
2009(C5)(C6)
2010(C1)(C2)(C3)(C4)(C5)

宮城県版のクワガタソウ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。