まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

チチコグサモドキ

チチコグサモドキ 全景
キク科 ハハコグサ属
123456789101112

Gnaphalium pensylvanicum Willd.

花は頭花の長さで3mmから4mm程度、ずんぐり丸いかたまりの花序をややまばらに各葉腋につける。草丈は15cmから30cm程度。
葉間が長めでひょろっとして見える。
全体でひとつの穂のようには見えない
下部以外にも葉腋からわりとよく分枝する。
全草の色は彩度が低い灰白緑。ふわふわした浮いた毛が密生

ひとつの花序

チチコグサモドキ 頭花 総苞は黄土色から茶色で、彩度は低い。
ここまで近寄ってみると黄色いシベが目立つ。
横に筋状に見えるくらいまばらな感じに、長いくも毛が密生綿菓子程度の空き具合。

葉と茎、株元の様子

チチコグサモドキ 葉 チチコグサモドキ 茎 チチコグサモドキ 株元の葉 やや彩度の薄い白緑の葉は、表面も裏面も白い伏し毛が密生。
葉はすごく細いというわけではないが倒披針形。縁は不整な細かい鋸歯がある。
先端はぽちっと紫の凸端。
茎にはアクリル綿のような空いた感じの長い軟毛が密生して、ふわふわ浮いた感じ

果実の様子

チチコグサモドキ 果実 冠毛をつける痩果。
褐色の開いた総苞がちょっと汚らしい感じ。


花確認:
2008(F5)(F6)
2009(F1)
実確認:
2008(C5)(C6)

宮城県版のハハコグサ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。