まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ホソエガラシ

ホソエガラシ 全景
アブラナ科
キバナハタザオ属 または カキネガラシ属
123456789101112

Sisymbrium irio L.

花は幅3mmから3.5mm程度、花弁の長さ3mm。草丈は50cm程度。
ひょろっとしたスマートな草姿
花柄は1cm程度で45度程度に斜上し、果実はそこからやや上に折れて強めに斜上。また、やや内側に湾曲している。細い。

きれいに羽状深裂した根生葉を持つのだが、この株は下部の方がかなり傷んでいて、根生葉どころか下部の葉はみな枯れ落ちてなくなっていた。
周辺ではこれ一株のみ。
帰化植物。アブラナ科なので種子数が多く結実率もよいので、来年にはかなり殖えるのではないか、と思う。(街中にある、大通りの狭い空き地。)
(「Sisymbrium」は和属名キバナハタザオ属以外にカキネガラシ属とも呼ばれている模様。)

全景と花序・果実の様子

ホソエガラシ 全景 ホソエガラシ 花と果実 この種は、果実が伸びて上に追いついてかなり花期の部分を覆い隠す感じで、ごちゃごちゃした感じ。
なお、一株しかなく、花の状態が悪く(ほぼ終わっているか、蕾かのみ)、花の拡大を撮れていない。

葉と茎の様子

ホソエガラシ 葉 ホソエガラシ 葉 ホソエガラシ 茎 茎葉は長さ5cm程度で、基部から1/3から1/2程度までは羽状深裂から羽状全裂して裂片が披針形から線形で、全縁で縁は真っ直ぐ。各裂片にある中央の脈は葉の基部方向に寄っている。強い谷になっている。頂点の裂片は大きな披針形で、縁には目立つ鋸歯がある。上部の葉では鋸歯のみの披針形。
葉柄は短いが顕著。
葉面は無毛で鮮やかな濃い目の緑。

茎は明るい緑で無毛、稜等もなくつるっとしている。

果実と種子の様子

ホソエガラシ 果実 ホソエガラシ 果実(ふたを外してみた) ホソエガラシ 種子の様子 果実は真っ直ぐに伸ばすと長いもので長さ4.5cm程度。(短いもので3cm程度。)
種子のぼこぼこが少し目立つ。種子は仕切りの両側に、それぞれ1列で、互い違いに三角がかみ合ったりするタイプではなくきれいな楕円がほぼ完全な1列に並ぶ。長さ0.8mm程度。
葉柄・果実は段々赤紫に染まる。
果柄は果実より細く、しっかり伸びて1cmを越える


花確認:
2008(F5)
実確認:
2008(C5)

宮城県版のキバナハタザオ属
または
宮城県版のカキネガラシ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。