まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ナヨクサフジ

ナヨクサフジ トップ
マメ科 ソラマメ属
123456789101112

Vicia villosa Roth subsp. varia (Host) Corb.

花は長さ1.6cmから2cm程度、段々側弁が開き最終的には幅は8mm程度になる。大型のつる性で長さ2m以上、丈も50cmから1m程度になり、頻繁に分枝してひしめき合っていて、他の植物が入り込めないような草薮になっている。
高密度な1mから数m程度の塊が草地にぽんぽん点在するような生え方。
鮮やかなので結構目に沁みる色で目立つ。
鮮やかな花色の変化が面白い。
各段階が入り交じっている赤紫と藍色と白とのコントラストを楽しめるかどうかは、出会う時期次第。白い色ばかりの時に見ると面白くない。(なお、花序内では下から順に咲くはずだが時間的に間隔が短いためひとつの花序内で三色が揃って見られるものはあまりないので、群落全体でのコントラスト、という話になる。)

全景の様子

ナヨクサフジ 全景 ナヨクサフジ 全景 ナヨクサフジ 群落
ナヨクサフジ 遠景 あまりに巨大で草深い感じで、この草本のみで草薮状になっている。軟らかいからとナヨ等つけている場合ではない、と思われる。年々群落は大きくなって周囲を飲み込んでいる。

蕾と花序の様子

ナヨクサフジ 蕾の状態の花序 巻いていた花序が段々広がっていくのが面白い。

ナヨクサフジ 翼弁がまだ赤紫の花序 ナヨクサフジ 翼弁が白くなった花序 ナヨクサフジ 白が殖えた時期の花序 ナヨクサフジ 白が殖えた時期の花序
花序軸全体で8cm程度で湾曲斜上、花のある部分で5cm程度
この立った花序から花はいくつも斜め下向きにほぼ同じ方向に偏って咲く。数えてみると20花以上ある。かなり多い。
花は被さった旗弁がぴたっと張り付いて長細く筒状になっていて(=爪部)、先端1/3程度だけが急に立ち上がっている(=舷部)。
旗弁先端は中央が弱く凹む。

黄緑だった蕾が大きくなってはっきりとした赤紫になってからの色変化を追うと面白い。(写真の並び順。)
旗弁の開花時に立っている部分(=舷部)の色が濃いため、咲ききるまでは色が随分濃いめに見える。青味は少なく、あくまで赤紫。
しばらく経ったものは翼弁が中央から白くなっていく。赤紫と白とのコントラストが面白い。
その後翼弁がはっきり横に開いて竜骨弁が完全に露出している頃には、翼弁先端の倒卵形の部分はほとんど真っ白で旗弁も舷部で中央脈部以外がほとんど白になっているため、この時期に花序を正面から見ると全体的にほとんど白に見える。この時期も旗弁爪部にははっきりと赤紫が残っている。
萎む頃には、赤紫の残っていた部分は薄く白くなり白かった部分は青くなり、特に萎びて縮こまった状態では濃い青から藍色になる。(煮豆で倒れているもの等。)

ナヨクサフジ 花の萼 萼は密着していて色も花と同じように赤紫なので分かりづらい。小さめ。萼の裂片は細く線形で、花の下側にくるものほど長い。
花柄は1mm程度で、花の基部側の、下側から出ているので、花に距のようなわずかな後頭部ができている。
花序軸にはまばらに軟毛が散生(全草の中で、多分最も毛の密度は高い。)。

葉と小葉の拡大・葉の先のつるの様子

ナヨクサフジ 葉 ナヨクサフジ 小葉 ナヨクサフジ 葉のつる 偶数羽状複葉で、葉柄のかなり基部の方ぎりぎりに最初の小葉がつく。
黄色味のない鮮やかな緑で、表面はマット。
小葉は15から18枚程度で、長さ2cm程度。長楕円で基部はくさび形。1mm程度と極めて短いが小葉柄がある。
表面には前方にやや伏した軟毛が散生。フラッシュを使用すると反射して目立つが、ビロードクサフジのように密生はしない。
小葉先端は丸く窪む。
葉の軸の先はつるになり、長い柄の先で2、3股になるものが多いが、途中に1から2回節を持っていくつかに分かれるものもある。まばらに軟毛が散生。

托葉と茎の様子

ナヨクサフジ 托葉 ナヨクサフジ 茎 托葉は強く数回切れ込んだ、裂片の細い三角の無骨なもの。
白い軟毛が散生し、濃い緑。
茎はしゃくしゃくした感じの瑞々しい質感で、かなりまばらに白い軟毛が生えている。筋状に窪みがある。全体にかなり軟らかい。くねくね高密度に縮んでいる上に軟らかいので、数十センチ程度一方向に引っ張ったところで切れることはない。

若い果実の様子

ナヨクサフジ 果実 ナヨクサフジ 若い果実
多くて一花序で5、6個程度しかなっていない。大抵は2、3個程度。
まだぺらぺら薄い。かなり幅広。長さはこの段階で3.5cmから4cm程度。つやはないがすべすべしている。明るい白緑。

果実と種子の様子

ナヨクサフジ 果実 ナヨクサフジ 果実を上側から ナヨクサフジ 種子 長さは最終的にも結局3.5cmから4cm程度。ただし若い頃と違いかなりぷっくり膨らんでいる。鞘は革質で既に硬い。
種子は5mm程度と大きく、かなりおいしそう。緑肥として元々導入されたようだが、果実・種子を食用しての毒性の有無は不明。

ナヨクサフジ 果実期(枯れた時期)周囲 ナヨクサフジ 果実と種子 ナヨクサフジ 果実と種子
ナヨクサフジ 種子 くるくる強く捩れて裂開して種子を飛ばすタイプというよりは、もっと自然に緩く軽く開く程度に割ける場合が多い。莢の質は柔らかく明るい灰褐色(生成りに近い)。
種子は赤褐色ベースで迷彩模様。球形に近くかなり丸っこい。


花確認:
2008(F5)(F6)
2010(F6)
実確認:
2008(C5)(C6)(C8)
2010(C6)

宮城県版のソラマメ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。