まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

アマ

アマ 全景・花序
アマ科 アマ属
123456789101112

Linum usitatissimum L.

花は1.8cmから2.3cm程度、草丈は40cmから70cm程度。
わりと頻繁に分枝はするが開出角がかなり狭めで、大株でないと一本に見える。葉は立って茎にやや沿う。密集度も高い。全草無毛でのっぺりしたマットなラバーのようで、茎・葉は黄色味のないやや白っぽい緑。

元々開花前はやや曇っていたのだが開花の時間帯までには強烈な晴天になってしまい、花色はかなり白く写ってしまった。実際はもう少しくらい色味がある。(まぁこの種は元々わりと薄いのだが。)

この荒地にはこれまでなかったのだが、どうも近辺では畑での栽培(緑肥含む)も鉢植えなんかも一切見かけない。一体どこから? 園芸品種名はおそらく'Blue Earth'。
これらは…朝6時に見つけたので開花を待ってみた。7時半にはほぼ平開した。

全景

アマ 若い全景 アマ 全景 アマ 全景 荒地に生えていたため背景が細かい砂利と土で色々ごちゃごちゃ生えているため、写真が見づらい。
左は若いもの。(これはこれで特徴的なのだが、別の場所で初めて見た際には、さっぱり分からなかった。)

開花への様子

アマ 待ち アマ 待ち アマ 待ち アマ 待ち 巻いていた5弁花が開いていき、円錐だった花は段々と円筒状になり、そのうちかなり平開する。

花と花後の様子

アマ 花 アマ 後 アマ 後 花弁は角丸の逆三角状で、先端はかなり広く丸いかもしくはやや凹む。縁はがたがた鋸歯状。筋は色が濃く、青味が強い
オシベの葯は緑味がかすかにある彩度の低めな青で、赤味はない。
そのうち花弁をあたりに散らし、葯も白になる。
萼は(透明の縁を合わせて見ると)卵形、先端は強く尖っている。萼の縁はやや紫味のある白で半透明。よくみるとこの縁は切れ込むので縁毛が生えている感じ。脈は3本確認できるが、中央が特に強い。

葉の様子

アマ 葉 アマ 葉裏 アマ 葉裏基部 葉は線形で無柄、やや上向きに茎に沿った感じでつく。脈はあまり目立たない。質感はしっとり瑞々しく、水分を強く感じる。
茎には弱い縦の窪みがある。

若い果実の様子

アマ 若い果実 アマ 若い果実 膨らんでお饅頭型になった果実。ややつやがある。

熟した果実の様子

アマ 熟した果実 アマ 開いた果実と種子 アマ 開いた果実と種子
白黄緑だった果実は薄い褐色に。分割位置はやや色が濃い目。10ブロックで構成されそれぞれにひとつの種子が入っている。扁平な狭卵形で先端は片側に丸みのある切り欠きがある。異様につやつや光沢があり、キャラメル色。

花確認:
2008(F5)(F6)(F7)(F8)
実確認:
2008(C5)(C6)(C7)(C8)

宮城県版のアマ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。