まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

チチコグサ

チチコグサ 全景
キク科 ハハコグサ属
123456789101112

Gnaphalium japonicum Thunb.

花は花序の径で1cmから1.2cm程度、草丈は8cmから15cm程度。
下部で分枝しまくり、湾曲斜上して上部は直立。葉はわりとまばら。
葉裏や茎、花序の軸等各所は黄色味のない白緑で全体にくすんだ感じはあるが、葉の表はやや黄色味のある緑なのでこの仲間の中では多少めりはりがありきれいな色味の方。…。

全景と花序

チチコグサ 全景 チチコグサ 花序 花序は頂点に頭花が扁平な球に集まっていて、数は少なめ
総苞は薄黄緑から茶色。総苞片は外側に、前方に伏した軟毛が密生する。
総苞片の密度はややまばらか。
各頭花の基部側にくも毛が溜まる。

葉と茎の様子

チチコグサ 葉表・茎 チチコグサ 葉裏 チチコグサ 根生葉 線形で、基部がよれよれで茎に流れる
全縁で、他のチチコグサ類よりもハハコグサにやや似ている。
表は毛が少なめで、緑色がやや濃い。多少つやがあるが、ウラジロチチコグサほどではない。
葉裏や茎は非常に細かいくも毛状の大量の毛が膜のようにとりまく。毛は細かいため、「毛だらけ」ではなく粉っぽく見える。
線形の葉の星型の根生葉は一見きれいだが、甘く見てはいけない。ランナーで殖えまくり、実家の庭はいまやこれだらけ。

果実の様子

チチコグサ 果実(綿毛) チチコグサ 果実(綿毛)拡大 綿毛の冠毛をつける痩果。
痩果は長さ0.7mm程度。


花確認:
2008(F5)
実確認:
2008(C5)

宮城県版のハハコグサ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。