まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

モモイロシロツメクサ

モモイロシロツメクサ 全景
マメ科 シャジクソウ属
123456789101112

Trifolium repens L. f. roseum Peterm.

花は球状の花序の径で1.2cmから1.8cm程度、草丈は花茎の高さで8cmから12cm程度。
シロツメクサの品種で、なんら変わらないが花色に桃色が混じる
※タチオランダゲンゲとは異なる。(タチオランダゲンゲはムラサキツメクサのように茎上部が湾曲斜上して立ち上がり上部の葉が短い葉柄になる。花序ももう少し大きい。)
匍匐性。

球状の花序と花の拡大

モモイロシロツメクサ 花序 モモイロシロツメクサ 花序 モモイロシロツメクサ 花の拡大 長い立ち上がった花茎の先に球状の花序をまとまってひとつつける。
旗弁全体と側弁先端が桃色に染まっている。竜骨弁はあまり染まらない。
萼は白ベースに、基部側の筋部と先端爪部分に緑があり、上面側等ところどころに桃色の染まりがある。

葉と葉柄・茎・托葉の様子

モモイロシロツメクサ 葉 モモイロシロツメクサ 茎・葉柄 葉の縁には脈がそのまま突出した棘のような細い鋸歯がある。
茎は匍匐し、先端側で出る葉の葉柄も基部側同様、長い。
葉柄と花柄は立ち上がる。

キリギリス類と花

モモイロシロツメクサと虫 花の上にキリギリス類が乗っていたので撮ってみた。
(コントラスト設定と日照の都合でやや飛んだが実際は桃色部分はもっと濃い。)


花確認:
2008(F5)(F6)

宮城県版のシャジクソウ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。