まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

キショウブ

キショウブ 花
アヤメ科 アヤメ属
123456789101112

Iris pseudacorus L.

花は上から見た円として径が6.5cmから7.5cm程度、草丈は50cmから80cm程度。
某河川の高水敷や田園地帯の水路脇等でよく見られ、年々殖えている。
厚手で丈夫な、長い剣状の白味のある緑の葉。
湿地に生える。

花の様子

キショウブ 全景 キショウブ 花 ただでさえ目立つ色なのだが、周辺の他の植物と比べると花が巨大なので更に目立つ。
「柄も楕円に膨らんだ妙なラケット」のような形状の外花被片の、基部側には濃い褐色(黒く見える)の筋がある。ただし、ちょうどそこに被さるようにまるで花弁のように変化した巨大なメシベの先が伏しているのであまり目立たない。
内花被片はかなり小さく目立たないが一応立っている。
花後はくるくる。

冬場の果実の様子

キショウブ 果実 キショウブ 果実 キショウブ 種子 これだけ見かけるとまったく何だかわからない。
種子は偏平で7mm程度、多数詰まっていて、赤茶色なので、虫が密集しているかのようでちょっと気持ち悪い。


花確認:
2007(F5)
2008(F5)(F6)
2011(F5)(F6)
実確認:
2008(C2)(C8)(C9)

宮城県版のアヤメ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。