まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ノビル

ノビル トップ
ユリ科 ネギ属
123456789101112
ムカゴ

Allium macrostemon Bunge

花は花径6.5mmから8mm程度、草丈は花茎の高さで40cmから80cm程度。
正常な蕾にならずむかごに変化してしまう花が多いため、柄のない茶紫の太い水滴形のムカゴがいくつも集まって球になる花序が多い。大きいと3cm程度。
花茎がわりとくねくねと不規則に曲がっていることも多いが、それは重みとは関係なさそう。
川縁の草地や田んぼの畦等でよく見かけるが、交通量の多い道路の脇等でもわりと見かける。

全景と花序の様子

ノビル 全景 ノビル 全景 ノビル 全景 ノビル 全景
ひょろっと伸びた花茎にバランス上巨大な茶色の玉ができている場合が多い。

花序と花の様子

ノビル 花序 ノビル 多花が咲いた花序 ノビル 花 ノビル _hanausiro ノビル 蕾 ノビル 花 ノビル 花の拡大
二枚目のように無事多花が咲いたものにうまいタイミングで出会えると嬉しい。
花柄は結構長いので、蕾や花は玉からかなり突き出ていて、大人しい花火のよう。
長楕円状の同じサイズの6花被片で、先端は細くなっているがよく見ると尖っていない。
花は白いものからかなり赤紫が濃いものまである。中央には濃い紫条ができていて、周囲は基部だけ揃って白く、あとはぼんやり染まる。先端側の縁で濃くなる。
オシベは長くなり、花被片の長さの1.2倍から2倍程度まで伸びる。花糸は基部が広く隣の花糸と接している。葯は太くて長めの薄紫。
メシベ基部の子房は卵体が3つ寄り添った形で、緑色。ごろっとかわいらしい
花柱は先細りで長く、真っ直ぐしっかり伸びている。すべすべしている。

ムカゴになっていない時期と不完全なまま破裂しているらしきもの

ノビル 蕾だらけ ノビル 不完全 白い薄膜から一方に白緑の蕾が飛び出している。

株元と葉

ノビル 幼生期というか葉の時期 ノビル 幼生期というか葉の時期全景 ノビル 葉 ノビル 葉の水
ノビル 幼生期というか葉の時期の株元 ノビル 地下と根 ちなみにこれは大通りの交差点脇で、つつじの植樹帯の下。
3月くらいはこのように多数の葉が茂り全く感じが異なる。掘り上げてみると太っていて、薄片も周囲に数個ついている。
肉厚ですべすべしてのっぺりな葉。葉は途中でちぎってしばらく待つと水が溢れてくる。当然ながらというか、すごく臭い。
傷め損にはしないよう、美味しくいただいて私のいのち(栄養)とした。…というか、そもそも見るために切ったり抜いたりしたわけではなく、食べるために1本採ったもの。


花確認:
2008(F5)(F6)
2011(F6)
実確認(※ムカゴ):
2008(C5)(C6)
2011(C6)

宮城県版のネギ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。