まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

カラクサナズナ

カラクサナズナ 全景
アブラナ科 カラクサナズナ属
123456789101112

Lepidium didymum L.

花は0.6mmから0.8mm程度、草丈は5cm程度だがくねくね湾曲して頻繁に分枝、ほとんど這っていて、長さ自体は10cmから18cm程度。
臭いので近づくとわかると聞いていたが、葉を潰れるほど揉みこんでやっと匂いがした。…強烈だった。
茎はやや開出した少し下向きの軟毛が散生するものと無毛のものがある。
(某川に注ぐからというだけの理由で「一級河川」である、)某小さな川の川縁にかたまって少し生えている。
たまたましゃがんで草を見ている時に見つけたもので、さすがに草むらで探して見つかるようなサイズのものではない。

花弁は白だが極めて小さいので分類上緑にしておく。

花序と花の様子

カラクサナズナ 花序 カラクサナズナ 花 花は最初終わりかけているのかと思ったのだが、これでほぼ最盛期の模様。
カップのように丸くなった、縁が白い萼は半開き
∞の上下のそれぞれ両端に角のように斜めに出ている極めて小さいものが花弁のようだ。
オシベは太く内に湾曲した円錐の白い花糸があり、その左右基部付近に透明の液体が玉になっている。
萼にはバランス的に長い白い縮毛が散生する場合がある。
花序は花の時期には高密度に溜まっている。ややくすんだ白緑。

葉の様子

カラクサナズナ 葉 羽状深裂している。裂片は倒披針形で、たまに鋸歯状にがたつきが少しある。

果実の様子

カラクサナズナ 果実 上から見ると∞を潰した感じで扁平。
面側から見ると卵状円形の2/3程度同士が二つ合わさっている感じ。
∞の両端径で1.8mmから2mm程度。
表面はぼこぼこでつやはない。


花確認:
2008(F5)
2009(F4)
実確認:
2008(C5)
2009(C4)

宮城県版のカラクサナズナ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。