まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

タチチチコグサ

タチチチコグサ 全景
キク科 ハハコグサ属
123456789101112

Gnaphalium calviceps Fernald

花は頭花でひとつ長さ3mmから4mm程度、草丈は15cmから20cm程度。
渋く黄色味のない濃い目の白緑が特徴。仲間の中では青みが強い。
全草、完全に密着したどこが先端でどこが基部か分からない軟毛が密生
基部でよく分枝。
基本的な形態のものは似ていないがたまにチチコグサモドキと似ている姿の場合もあるため、「ホソバノチチコグサモドキ」とも呼ばれる。

全草の様子

タチチチコグサ 全景 タチチチコグサ 他チチコグサ類混生 右は、混生の様子。
奥左がタチチチコグサ、右がチチコグサモドキ、手前はウラジロチチコグサ。
チチコグサモドキと比べると葉が上の方までしっかり大きいのと間隔も少し短いのであまりひょろひょろしていない。

花序と花の様子

タチチチコグサ タチチチコグサ 各葉腋に花序を形成、それぞれにやや隙間があるので大抵全体でひとつの穂には見えない
各頭花は結構下部で極端に膨れる。
先端のほんの少しだけが紫に染まる。先端の径は1mmない。先端の拡大撮影は大変。
頭花の基部には毛が溜まっているが他の部分はほとんど無毛でややつやがある。

葉と茎の様子

タチチチコグサ 葉 タチチチコグサ 茎と葉裏 下部では倒披針形でやや先端が丸く太る。上部の葉は更に狭くかなり細身で、線形。先端は尖る。縁はほとんど全縁に近いがややよれる。
表、裏とも毛がまとわりつく茎の毛もチチコグサモドキのような一本一本が毛と分かる開出毛ではなく、完全にべたっと張り付いたもので、まったく異なる。

果実の様子

タチチチコグサ 果実 タチチチコグサ 果実拡大 冠毛のある痩果。時期の問題か、痩果は薄いベージュ。冠毛の間にしばらく、蛍光黄緑のような変な色合いの筒状花の残骸が挟まって残っている。


花確認:
2008(F5)(F6)
実確認:
2008(C5)(C6)

宮城県版のハハコグサ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。