まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

シロバナヤマブキ

シロバナヤマブキ 花・トップ
バラ科 ヤマブキ属
123456789101112

Kerria japonica (L.) DC. f. albescens (Makino ex Koidz.) Ohwi

花は2.8cmから3.2cm程度、小低木で樹高1.5mから2m程度。
通常は山吹色から黄色で咲くヤマブキの、色変わりの品種。学名を見る限り、「園芸品種」(cv.)ではなく「品種」(形態、forma)となっている。
ヤマブキとなんら変わらないが、花色がほとんど白に近い薄クリーム色。(傷んだ部分だけ少し濃くなるが鮮やかな色ではない。)
並んで植栽されていると白にしか見えない。
近所では、林縁に続くごくごく普通の住宅地内道路の道端で角になった場所に一株だけ、ヤマブキと一緒に植栽されている。(比較しやすい。)

「シロヤマブキ」という、ヤマブキとは属すら異なる別種の植物もあるので、名前に注意…。

植栽物は普段掲載しないが、目についたので参考に載せることにした。

全景の様子

シロバナヤマブキ 全景 引くと花色以外にはなんらヤマブキと違いは感じられない。枝ぶり等も差異はない模様。
色こそ白いのだが、離れた位置でも雰囲気やシルエットでヤマブキと何となく分かる。

シロバナヤマブキ 枝 シロバナヤマブキ 枝
こちらは比較のため、同じ場所で2m程度離して植えてあるヤマブキをまったく同じ設定で撮影したものと並べてみた。
この品種の特徴かどうかは分からないが、花弁は開花してわりとすぐの段階からやや縮れている。

枝ぶり・葉の様子

シロバナヤマブキ 花・葉・枝 シロバナヤマブキ 葉
(葉形も葉質もヤマブキそのまま。)
葉は小さく、3cm程度。
卵状長楕円から狭卵形の葉はわりと細かい側脈がきれいに平行に斜めに出ていて、くっきり窪む。基部は左右が少し後ろに出るため大抵浅心形。縁は鋭い3段程度の重鋸歯が目立つ。
先端はやや尾状
枝はよく横に突き出て、ややしだれたりして、仕立てずに放置してあると結構邪魔になる。

花の様子

シロバナヤマブキ 花 シロバナヤマブキ 花の後ろ・萼 萼もヤマブキと同じ広卵形のやや皿状でしっかりした質のもの。

シロバナヤマブキ 蕾 シロバナヤマブキ 蕾 同じ設定で同じ場所のヤマブキとの比較。
※蕾の形がたまたま異なるが時期の違い。ヤマブキも咲く前は細くなる。(枝の写真の方で細い蕾が多数写っている。)


花確認:
2008(F4)
2009(F4)

宮城県版のヤマブキ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。