まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ムラサキサギゴケ

ムラサキサギゴケ 花
ハエドクソウ科サギゴケ亜科
サギゴケ属
123456789101112

Mazus miquelii Makino

花は長さ1.5cmから2cm程度、草丈は低く大抵はせいぜい1cmから3cm程度。
匍匐枝を伸ばして殖えるので、かなり大株になっていることもある。
トキワハゼと若干似るが、トキワハゼより全体の這い性が強く(トキワハゼは花茎が直立している個体が多め)、葉の鋸歯が顕著で、花が大きく、下唇の左右の片が大きいことと、下唇が全体的に白ではなくほかの部分と同じような薄紫であるので区別できるが、 決定的に異なるのは、花茎以外には短くずんぐりした枝を出すだけのトキワハゼにはない、細く長くなる這う枝を伸ばしていること。これは走出枝(ランナー)と異なり匍匐枝と呼ばれ、接地していると各節から発根する。
(※あくまで出ていれば分かるもので、たまたま今「ないからトキワハゼ」とは考えないように。そして、大株でないと節から根を出しているものはそうそう確認できない。)


群落の様子・全景

ムラサキサギゴケ 群落 ムラサキサギゴケ 全景・走出枝
匍匐枝で拡がるので花は大抵密生する。また、多くの場合は、花茎は1cmから1.5cm程度で頂点に花を単生。ただ、よく伸びた花序を持つものもちょこちょこ見られるし、それが立ち上がっているものもちょこちょこ見られるので、注意。

花の拡大

ムラサキサギゴケ 花拡大 ムラサキサギゴケ 花拡大 花冠の上唇は大きく、はっきりと裂けてよく立って反っているものが多いのだが、その限りでもないので注意が必要。
斑紋は明るい山吹色のこともあれば暗く濁った橙のこともある。
花を真上(一番面積が大きくなる角度から)から見た場合に下唇の斑紋のある部分が非常に広い。トキワハゼでは結構隠れる。
斑紋部分には頭の丸い毛が密生する。
花冠の外側でも筒状になっている基部側等各所をよく見ると、同じタイプだが非常に短いものはかなり生えている。実は毛深い。

立ち上がるもの

ムラサキサギゴケ 直立タイプ ムラサキサギゴケ 直立タイプ 栄養状態のよい場所で見られるものには、花茎が10cmから15cm程度でぴんと直立して大量の花をつけるものも結構見られる。一瞬、トキワハゼのように見える。
花色・形状・花の大きさ・萼の大きさ・葉の形状・長い匍匐枝の有無(節に根があれば最高)で区別できるのだが、見かけるといちいち「お。」と思ってしまう。

匍匐枝と発根の様子

ムラサキサギゴケ 匍匐枝 ムラサキサギゴケ 匍匐枝発根
ムラサキサギゴケ 匍匐枝発根拡大 30cmから50cm程度、匍匐枝をたくさん伸ばしているもの。更にそれぞれが分枝して、地面がすごいことになっていた。この群落のものはみな元気。
ここまでなっていると分かりやすいだろう。
匍匐枝の葉は対生、というような記述をたまに見かけるが、実際にはまちまち。対生もあれば互生もあり、それぞれ発根を確認している。
葉柄の基部のやや下辺り(節)から発根する。
「匍匐枝(ストロン)」は各節で発根するもので、先端で発根して子株を作る「走出枝(ランナー)」とは異なる。


花確認:
2006(F5)
2007(F3)(F4)(F5)
2008(F3)(F4)(F5)(F6)(F7)(F8)
2009(F3)(F4)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。