まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

セイタカハハコグサ

セイタカハハコグサ 全景
キク科 ハハコグサ属
123456789101112

Gnaphalium luteoalbum L.

花は頭花の径で2mmから2.5mm程度、長さ3mmから3.5mm程度、草丈は25cmから35cm程度。
基部でよく分枝し、すぐに強く湾曲し基部付近から直立する。
各所、ハハコグサとチチコグサを合わせたような雰囲気
後述するが花色が特徴的。
花序は頂点付近で数個(3、4程度)だけ近接して分枝して、各花序はやや逆円錐気味の球にかたまって頭花がつく。頂点にひとつの花序だけのものも結構ある。
全草の毛はハハコグサのものの質と密度に近い、完全にまとわりついたもの

ハハコグサ・セイタカハハコグサとも背丈は特に変わらない。

全景の様子

セイタカハハコグサ 全景 通常の姿。
ハハコグサと花以外変わらない印象。

セイタカハハコグサ 大株全景 ハハコグサ 大株全景 こちらは春先から枝を変えたりしながら育ち続けた個体で初冬のもの。この数年はハハコグサ・セイタカハハコグサとも年々、秋から冬あたりに他のキク科のような大型ではっきり伸びたシルエットになりやたら大きく育つようになってきた。
なお、右は参考用に同じように春から育ち続け初冬になったハハコグサ。(秋ものの似た別種もあるのだが、春先から育ち続けているので間違いない。)
どちらもこの時期まで生育できた場合50cm以上になる

花序と頭花の様子

セイタカハハコグサ 頭花 セイタカハハコグサ 花序 総苞片は黄土色の半透明。花は遠目にはハハコグサを脱色したような感じで、最初薄い彩度の低い黄色で、鮮やかな黄色の花粉が柱頭についているのが数本確認できる。
その後に外周から順に彩度の低い薄めな肉色に変わる。薄黄色と薄肉色とが一緒になった時期にほぼ必ずあたるので、地味なりに色彩豊かになろうとがんばってるのかな?等と勝手なことを思ってしまう。
頭花はひとつの花序に15から20程度ある模様。
下膨れはそれほど強くないので、少しきゅっと締まったスマートに見える。
右は、

葉の様子・茎の様子

セイタカハハコグサ 葉表 セイタカハハコグサ 葉裏・茎 葉は無柄で基部が円形で茎を半分抱くが、そのまま茎に流れる感じはあまりない。境がはっきりしている。
葉は上向きに茎に寄り添っていて、縁は裏側に巻いている。
表裏ともハハコグサと同程度に粗い感じの白いくも毛がまとわりついていて、色味は薄めの白緑。
表裏ともくも毛は横(縁)方向への流れが見られる。
茎も同様のまとわりつく毛があり、こちらは縦方向への流れが見られる。
葉形は披針形というか狭三角で、基部側の方が太い。先端は尖る。
縁は極端に弱い波状の模様。ほとんど全縁に見える。

果実の様子

セイタカハハコグサ 果実(冠毛つき痩果) ぼろぼろとした空いた感じに見える。冠毛つきの小さな痩果。
球状のかたまりは径6mm程度。


花確認:
2008(F4)(F5)(F6)(F10)(F11)
2009(F5)(F6)
実確認:
2008(C5)(C6)(C11)
2009(C5)(C6)

宮城県版のハハコグサ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。