まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ハルザキヤマガラシ

ハルザキヤマガラシ トップ
アブラナ科 ヤマガラシ属
123456789101112

Barbarea vulgaris R.Br.

花は5mmから6mm程度。小松菜のような晴天で眼にしみる濃いレモンイエロー。草丈は20cmから30cm程度。
茎は硬く筋張っていて、稜がかなり目立つ葉質もつやの強い濃緑で厚手硬め
果実期の花柄は花序軸の稜と稜の間につながっていて、果実を外そうとするとその「面」が長くついてくる。
わりと分枝するがそれぞれの枝は硬くほとんど真上に伸びる。
風が吹くとしなるのではなく全体がゆらゆら揺れている。

全景と花序と花

ハルザキヤマガラシ 全景 ハルザキヤマガラシ 花 咲いている部分はわりとかたまっている。果実になる下の方から、段々伸びて離れていく模様。
質は結構堅い。

根生葉から中部の葉・上部の葉

ハルザキヤマガラシ 根生葉 ハルザキヤマガラシ 中部の茎葉 ハルザキヤマガラシ 上部の茎葉 ハルザキヤマガラシ 葉の基部
根生葉は羽状全裂(ほぼ)で裂片はきれいな円形、切れ込んだ部分にはひれ状に葉肉がわずかにある。わりと立っている。各裂片は縁がやや持ち上がっていて、皿のようになっている。
茎葉は横に突き出ていて、ほとんど垂れたりしていない。
羽状中裂?深裂で、弱く3から5の波になった大きな卵形の頂裂片が目立つ。基部側の1/3以下の範囲に2から3対程度、披針形程度の細身な裂片があり、基部は茎を強く抱き、反対側にやや出ている。
脈は窪んでよく目立つ。
花序のすぐ下の葉まで、幅が広いまま。

花序軸(茎と同じ)と果実・種子の様子

ハルザキヤマガラシ 軸(茎も同じ) ハルザキヤマガラシ 果実 ハルザキヤマガラシ 果実の中と種子 果実も硬く丈夫。ごつごつして無毛。ややつやがある。
果実期の花柄と果実は段々とやや開出方向へ向かう。果実はほとんど真っ直ぐだがほんのわずかに上方に湾曲。
果実は短く4稜があり先端側の方が太くなる。嘴は長さ2mm程度と、幅より長い
果実部分の長さは1cmから1.3cm程度。
果実期の花柄は3mmから4mm程度で果実の半分以下。果実同様4稜あり、場合により、稜は弱いひれ状になっている。
ふたはヘラ形で、中央にちょうど山折(稜)が来る
中は仕切りの両側に、それぞれ1列、種子が並び、長径1.5mmから1.8mm程度。
片側に稔った種子は3~多くて5程度。間を置いて入っていることが多い。
花序軸・茎の筋の窪み側は色がより濃い


花確認:
2008(F5)(F6)
実確認:
2008(C5)(C6)

宮城県版のヤマガラシ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。