まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

スイカズラ

スイカズラ トップ
スイカズラ科 スイカズラ属
123456789101112

Lonicera japonica Thunb.

花は幅1.2cmから1.3cm程度、長い筒状で長さ2cmから2.5cm程度、つる性で長さは2mから5m程度。
花は特徴的な形状、張り手のような、4つの円頭裂片がある広い上片が立っていて、下は円頭の長い舌のように前方に突き出ている。
この花が面白くて…スイカズラ科にはたまにあるが花色が段々変わる。上方へ湾曲した棒状の蕾時の薄緑から咲くと純白になり、しばらくするとやや薄い黄色に変わる。
強く香る
明らかな植栽や(人的要因で短寿命な)逸出ものと見られるピンクのものと異なり、普通に林縁等に見られる。
ピンクタイプでまったく同タイプのものはベニバナスイカズラ(Lonicera japonica Thunb. var. japonica f. chinensis (Watson) H.Hara)と呼ばれる模様。こちらはエリア周辺では自然な環境にはまず生えていないが、かなりまれに草むらに入り込んでいる。ただし中間的なものはあり、まぁ所詮はformaか、と思わされる。(混ざったのかもしれないが。)

全景の様子

スイカズラ 全景 茎は赤紫褐色で毛が散生するもののややつやはある。

蕾から花の変化

スイカズラ 蕾から開花 スイカズラ 花色の変化
蕾は薄緑で、ピンクはない。花は長い筒状でほぼ真横から少しだけ上を向いて咲き、先端は上片が反って立つ広い形状、先端は4裂。下片は線形の円頭で舌状、前に突き出る。湾曲斜上するオシベと、真っ直ぐなメシベが突き出る。柱頭は緑でやや目立つ。筒部には開出短毛が密。
なお、染まる頃にはオシベの花糸も同色に染まる。

(花と)葉の様子

スイカズラ 花と葉 葉は濃い目の緑で、やや革質、葉裏は毛深いが表にも散生。ほぼ円頭かやや尖る先端の、楕円形の葉で対生する。葉柄は短い。

ある意味特別な葉の様子

スイカズラ 羽状裂の葉 スイカズラ 羽状裂の葉 スイカズラ 羽状裂の葉 花の時期や実の時期にしか見ない人には珍しいとも言える、羽状裂の葉。実際には、時期次第だが結構見られる。栄養状態の良い場所で春の最初期に下部で出た葉に多く、同じ個体内でも後に出てくるものは通常の全縁楕円。枝先を写した写真に写っているが上には段々全縁になっている。


花確認:
2008(F5)(F6)
2009(F5)(F6)

宮城県版のスイカズラ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。