まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ゴンズイ

ゴンズイ トップ
ミツバウツギ科 ゴンズイ属
123456789101112

Euscaphis japonica (Thunb.) Kanitz

花は3.5mmから4mm程度、樹高は3mから6m程度で、枝を横に伸ばして大きな葉をやや垂らしているものが多い。
白緑で地味な花だが数はかなり多く、枝先の方がやや持ち上がって葉の上に出て花序ができるのと葉色が濃緑なため明暗差が大きいことで、わりと目立つ。
最初に花を見つけた時には、見当をつける段で結構悩んだ。(果実の時期に見ればすぐそれと分かる。)

全景

ゴンズイ 全景

花序と花の拡大

ゴンズイ 花序 ゴンズイ 花拡大 花弁と萼はほとんど似たようなもので薄緑で卵形、縁は白く、先端側の縁は細かいぎざぎざがある。
どちらも5枚ずつ。半開きでカップ程度。
先端の形状が、萼は角丸四角状かせいぜい円形で、花弁の方はやや細くなる。
卵形が3つ集まった子房部。と、言いたいのだが、右の拡大画像は4つが集まったもの。たまにある。
オシベは5本、花糸はやや内に湾曲。葯は内向きに左右につき、真上から見ると角が中心部側を向いた三角。花粉は鮮やかで黄色い。基部に大量の蜜がある模様。

受粉中・受粉後の花

ゴンズイ 花受粉中 ゴンズイ 花受粉後 ちょうどアリが花の奥に頭を突っ込んで蜜を集めているのを見つけた。右は、受粉後、子房が既に膨らんできているもの。

葉の様子

ゴンズイ 葉 ゴンズイ 小葉拡大 ゴンズイ 小葉柄 葉全体がやや下垂し、小葉はその中で更に下垂するものがわりと多い。
奇数羽状複葉で、小葉は11枚程度。
狭卵形で濃緑、つやがある。縁の鋸歯は細かく、鋸歯先端は前方の鋸歯の上側に乗っている。
基部は浅心形から円形、先端は鋭く細くなりやや尾状。
短い小葉柄がありそこにだけ、開出毛が生えている。
葉柄・小葉柄とも何本も筋があり、上面中央は強く窪む。

若枝と枝の様子

ゴンズイ 若枝 ゴンズイ 枝 若枝や葉柄、花序軸、花柄は薄緑で明るい。
無毛。
やや茶色味のある灰色の枝はひび割れ状の縦の短い白い筋がいくつもあり特徴的。葉の痕は逆さの半円。

果実の様子

ゴンズイ 果実期 ゴンズイ 果実と種子 鮮やかで目立つ。
やや下垂する。
3つの卵形の子房は3つとも膨らむことは近所ではあまり多くない。紅色で幅1.2cmから1.5cm程度、がま口のように開いている。
表側はぼこぼこしていて、内側はぬめっとした感じ。
漆黒でつやがあるきれいな球形の種子が、ぶら下がって先端側に少しだけくっついている。
ひとつの中に種子は一つか二つ


花確認:
2008(F5)(F6)
2011(F5)
実確認:
2007(C9)
2008(C7)(C8)(C10)(C11)

宮城県版のミツバウツギ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。