まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ハルガヤ

ハルガヤ 全景
イネ科 ハルガヤ属
123456789101112

Anthoxanthum odoratum L.

花は穂全体で5cmから7cm程度、草丈は25cmから30cm程度。
稈(茎)、小穂とも質が硬い
基部で放射状にやや開いて、斜上する。叢生。
よく出た二股になった柱頭が全体をくねくね飾っていてかなり目立つ。

花序と小穂周辺の様子

ハルガヤ 花序(穂全体) ハルガヤ 花 ハルガヤ 花 メシベもオシベもかなりバランス的に大きく、突き出ていて目立つ。
オシベの花糸は先端付近で急激に曲がって下がる。
葯は彩度の低い紫。3mm程度ある。
小穂は1cm程度、芒は短いが一応ある。
苞穎には不整な1mm以下の白い毛が散生するが、目立たない。

株元と葉の様子

ハルガヤ 株元 ハルガヤ 葉 ハルガヤ 葉基部 葉は他の部位よりは柔らかく、横に出る。8cmから10cm程度。
葉面にはまばらに軟毛が散生葉耳は赤紫に染まり、葉鞘上部には開出した白い軟毛が目立つ。
葉舌は顕著


花確認:
2008(F4)

宮城県版のハルガヤ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。