まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ベニカタバミ

ベニカタバミ 全景
カタバミ科 カタバミ属
123456789101112

Oxalis brasiliensis Lodd.

花は大きく、径2cmから2.3cm程度、草丈は花茎の高さで8cmから12cm程度でほぼ直立し結構長い。
葉は下部にたまっていて、大きさも花から比べて小さめ。
花は花茎上部で散状に分かれ2、3花つける。極めて濃い花色がまぶしい。
(イモカタバミやムラサキカタバミと混同しないように…。)

不稔と思われる。

全景の様子

ベニカタバミ 全景 ベニカタバミ 全景 バランス上、葉はかなり小さい。

花と花茎・萼の様子

ベニカタバミ 花 ベニカタバミ 花 ベニカタバミ 花柄・花茎・萼 花は奥まで濃い鮮やかな赤紫なので、見かけ上奥がかなり濃くなっている。
花弁形状はカタバミ型で細いので、重なりは少なくスマート。
萼は少し反っている。萼や花柄は赤紫に強く染まる。萼の先端付近には縦型の橙褐色の模様が見られる。
花茎・花柄は白い伏した軟毛がかなりまばらに散生。

葉の様子

ベニカタバミ 葉 ベニカタバミ 葉 ベニカタバミ 葉 ベニカタバミ 葉
葉は特徴的。
大きくても2.5cm程度、普通2cm程度の模様。
縁には毛が顕著に見えるが表面はほとんど生えずつやがあり、最大の特徴は、小葉の縁がやや持ち上がってそれぞれの小葉が弱い皿状になっていること。(2枚目のような角度から見るとよく分かる。)
小葉の基部側の細くなる側は縁が直線ではなくやや膨らんでいるので、少しシルエットが丸い。
時折、3.75小葉、というような感じに1枚の小葉が2枚分の大きさと形状になっている。

花確認:
2008(F6)
2010(F5)
2011(F5)

宮城県版のカタバミ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。