まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

花とともにある虫たち


―ともにある虫たちの姿―
興味がない場合は
開かない方が

現在のメインは花なので写真にはあまり撮らないが、見かけるとうれしくなる虫たち。
積極的に追うことはないがたまに撮ったものはこの記事に追加していくことにした。
大型のハチやゴ○ブリは撮らない。両方とも、森の中でよく遭遇するのだが…。
というか、森の中で後者の幼虫の大群が足元にぶわっといると精神的に強烈に凹む。もう花を撮りにくるのやめよう、くらいにまで。

※書くまでもないが表紙(←左)の画像の虫は存在しないし、モデルもない。

なお、増えたら記事ばらすかも。

好きなのは、半翅目の中の、頭でっかち系。ツノゼミとか一部のヨコバイ・ウンカ類とか。

コガネムシとか

?:漆の工芸品にあるようなこの美しさに思わずぱちり。
虫 虫 虫
カブトムシ:夜、近所のコインパーキングで私のパジャマによじ登るメス・運の悪い場所でさなぎになったため曲がった角のオス
虫 虫
ナナホシテントウ
虫

オトシブミとか

エゴツルクビオトシブミ:左が雄、右が雌。雄は名前どおり、首が長い。外側は眼以外漆黒。雄の方が体が大きく、それでも9mm程度。羽は針でついたような点々が筋状に何本かあるが全体につやつや。よく葉上でこのように佇んでいる。オトシブミの仲間は大抵後ろ足が短いのでまぁ仕方ないのか?右は葉を切って作ったゆりかご。短い春巻き。足元にもいっぱい落ちていた。
虫 虫 花とともにある虫たち _harumaki

バッタ類

ヒメギス
虫
ササキリ幼虫
虫
ツユムシ:豆の鞘をしきりにかじってた
虫
ツチイナゴ:成虫で越冬する珍しいバッタ
虫

カメムシとか

アカスジキンカメムシ:※「変なおじさん」というかおっさんみたいのは幼虫。…。
虫 虫
ナガメ:※上のおっさん虫と雰囲気は似ている。(5令幼虫)
虫

トンボ

アオモンイトトンボ 若いメス
虫
ハグロトンボ
虫
ショウジョウトンボ
虫
オオシオカラトンボ
虫
アジアイトトンボ
虫

チョウ・ガ

スジグロシロチョウ
虫
ナガサキアゲハ
虫 虫
ベニシジミ
虫
ムラサキシジミ
虫 虫
ヒメアカタテハ
虫
ルリタテハ
虫
ツバメシジミ
虫
キタテハ:食草に産卵中
虫
アサギマダラ
虫

ハゴロモとか

アミガサハゴロモ
虫
ベッコウハゴロモ
虫
アオバハゴロモ:通称「ハト」。大好き
虫

カゲロウとか

カゲロウ目不明種:成虫なりたてで羽はまだ縮んだまま
虫
ヤマトクサカゲロウ:しきりに花粉を食べていた
虫

オオミスジコウガイビル:ヒルとつくが、ヒルとは動物の種類自体が異なる。ヒルは環形動物、こちらは扁形動物。血も吸わないので、それを分かってて見ていれば何だか面白い。※ただし大きい(40cm近い)のでちょっと怖いかも。
虫

スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。