まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

エゴノキ

エゴノキ トップ
エゴノキ科 エゴノキ属
123456789101112

Styrax japonica Siebold et Zucc.

花は半開きで径1.8cmから2.3cm程度、樹高2mから4m程度。
大量の下垂した花と蕾で、真下に入って見上げるとすごいことになっている。

全景

エゴノキ 全景 エゴノキ 下から 真下から見上げると壮観だが、問題は顔に虫が降ってきたりすること。

花と蕾の様子

エゴノキ 花 エゴノキ 蕾 エゴノキ 花の萼
まばらな総状で下垂していて、蕾・花は真下を向いている。小花柄は3cm程度。狭めな卵体できれいな純白の蕾がかわいらしい。
花冠の卵形の5裂片は少し垂れて半開き状だがしっかりしている。
萼は丸くかわいらしく、色は薄くなり黄緑、先端はかまぼこ型の連続になっている。
エゴノキ 花のオシベ オシベは10本あり、花糸と葯は同長、花糸はややくねくねし、葯のある部分(葯隔)は真っ直ぐ。葯は内側につき、外から見ると半透明の葯隔と相まって、イカと何か黄色い魚卵との真砂和えのよう。葯は6mmから7mm程度あり、長い。

葉と枝の様子

エゴノキ 葉序 エゴノキ 枝 葉は互生し、卵形で1cm程度の葉柄がある。ややつやのある濃緑で、縁は少しよれる。不整な鋸歯がかなりあるが、よれの方が目立つためあまり目立っていない。
幹・枝は縦の筋が重なってやや網目状になっている。結構赤みの強い褐色

果実と虫えい

エゴノキ 果実 エゴノキ 虫えい きれいな広卵形の果実と、アブラムシ(エゴノネコアシアブラムシ)の入った虫えい
先が開いているので飛び去った後だろうが、それでもあまり近寄りたくはない。


花確認:
2008(F5)
実確認:
2007(C7)
2008(C8)
2009(C8)(C9)

宮城県版のエゴノキ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。