まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

マユミ

マユミ トップ
ニシキギ科 ニシキギ属
123456789101112

Euonymus sieboldianus Blume

花は径6.5mmから7.5mm程度、それほど高くない木本で樹高1mから4m程度。
控えめな集散花序でまばらに6花程度ついている。

花の様子

マユミ 花 倒長楕円の花弁はクリーム色に近い薄白緑で先端付近中央にやや桃色の染まりがある。
4弁あり、きれいな十字を保つ。
コマユミよりはやや目立つかもしれないが、どちらにしろ緑ベースで他の植物と比べほとんど目立たない。

葉序と葉の表と裏

マユミ 葉序 マユミ 葉 マユミ 葉裏
葉は対生し、きれいな楕円形で重心は中央部。長さ6cmから8cm程度、表裏とも無毛。
低く細かい整った鋸歯がある。
葉裏脈上に短毛が見えるものは特にカントウマユミ(Euonymus sieboldianus Blume var. sanguineus Nakai)という変種として分けることもある模様。
どの程度連続的かは分からないので何ともいえないが。

幹の様子

マユミ 幹 縦の筋が多いが、特徴が…どうも見当たらない。

果実期の様子

マユミ 果実期の全景 マユミ 果実 マユミ 果実 4つのぼこぼこ山がある四角形で、薄黄緑。まだ丸っこくない。1cm程度ある。
この段階ではやや上から横を向いているが段々下垂する。

マユミ 果実 熟すとこのように下垂しつつやや彩度が低めな桃色の外側が4裂して割れて中の鮮やかな仮種皮に包まれた種子を覗かせる。果皮は広げてみると広楕円。


花確認:
2008(F5)
2011(F5)
実確認:
2008(C6)

宮城県版のニシキギ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。