まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ナガミヒナゲシ

ナガミヒナゲシ トップ
ケシ科 ケシ属
123456789101112

Papaver dubium L.

花は通常は径4cmから5cm程度、草丈は30cmから50cm程度だが、花径5mm程度・草丈1cmから3cm程度でも普通に咲いて実をつける。どんな環境でも何が何でも花を咲かせ実をつける模様。
茎は毛が多く、葉も蕾も毛だらけ。ただし茎の毛は上部では伏して短いため目立たない。
果実はハッチが開く程度なので倒壊した果実部のあった場所一箇所に高密度に生えて殖えたりする。

栽培して構わない種類だが、繁殖力が旺盛で速いペースで拡がるので周辺からは顰蹙者なのを覚悟する必要があると思う。(というか、どこも管理しきれてないのでそれならやめてほしい。)

全景と花の拡大・蕾の様子

ナガミヒナゲシ 全景 ナガミヒナゲシ 全景 ナガミヒナゲシ 花 ナガミヒナゲシ 色落ちした白っぽい花
花弁は広倒卵形で、たまに先端中央が少しだけ凹んでいる。質は薄く光も透けやすい。咲き始めは鮮やかだが段々薄くなり、瑞々しさもすぐ去ってくしゃくしゃして薄いお菓子の包み紙のような感触になる。皺が多い。
すぐに平開し、かなり早期に脱落していく。
脱落せずうまく留まった場合、色落ちして白っぽくなる。基部側や、たまたま重なっている部分での色落ちは少なめ。
緑の、模様付きの円盤型の蓋をしたワイングラスのような形の子房の上部に放射状になっているものは柱頭。
「蓋をしたような」部分は実際蓋のように機能していて、果実期には下部とは離れる。
ナガミヒナゲシ 蕾 蕾は下に強くうつむいていて、長い毛だらけ
茎の下部ではやや下向きでほぼ開出して出た毛が少し曲がって持ち上がる目立つ毛だが、上部では伏して短く、目立たない。近寄らずにぱっと見ただけでは、無毛に見える。上の方でも量自体は多い。

葉の様子

ナガミヒナゲシ 葉 左下から右上まで各段階の葉が見られる。だいぶ形状が変わる。各構成が縦長の、やや間延びした羽状深裂。表面もよく見ると短毛が密生している。

果実の様子

ナガミヒナゲシ 果実 ナガミヒナゲシ 果実 ナガミヒナゲシ 果実 その名の通りで、丸っこくなく長細い。
熟した頃にハッチが開いたように蓋がせり上がったような形態になるがよく見れば蓋ごとではなく蓋の縁が持ち上がっている。中身が浮いたわけではないのでここを持って引っ張ってもぱかっと取れたりしない。しっかりした状態。デザインとしてかなり面白い


幼生期の様子

ナガミヒナゲシ 幼生株 ナガミヒナゲシ 幼生株 ナガミヒナゲシ 幼生期ロゼットの葉 ナガミヒナゲシ 幼生株
ナガミヒナゲシ 幼生期全景 最初は弱い切れ込みのある長い柄の長楕円の葉をやや斜上させている。段々羽状になりぺたっと地べたに張り付ききれいなロゼットを形成する。
葉裏や葉軸には白い毛が目立つが全体的に毛が少なく表面は散生程度、形も茎葉とはだいぶ印象が異なる。下段は比較用に、既に蕾が出ている頃のもの。

花弁に斑紋の入るタイプ

斑紋のあるナガミヒナゲシ 花 斑紋のあるナガミヒナゲシ 花 対向する二枚の花弁基部側にかすれた焼印でも押したような縦長気味の斑が出るものもある。群落内でも個体差がかなり大きく、色々な程度のものが混じっている。
千植誌資料24にて仮称としてモンツキナガミヒナゲシとされているが、無斑紋から濃い斑紋のものまでが同一群落内でも完全に連続的。
対向する2枚に出ているものが多いが、1枚、2枚、3枚、4枚とどのパターンも確認できている。
葯なり花糸なりからの雨や湿気との兼ね合いでのタイミングによる色移りの可能性(実際それが顕著な植物もある。)もあるのだが、実際に検証できていないので何ともいえない。

駆除のこと

元々「駆除」という言葉がこの文書にあったため、毎年春から夏にかけて数日に一人くらいの割合で「ナガミヒナゲシ 駆除」という検索ワードでこちらへ来る方があるため、以下を記述することにしました。
(なお、庭等で繁殖してしまった場合限定で、街中に拡がっているのは対象外の話です。)
種子が多いのと埋没種子からの発芽も何年かあること、更に地下茎があることから、一旦殖えた後は長年どうしても出てはきます。
が、ひょろっと目立つ花茎だけすぱっとやれば大量の種子を持った新たな実ができないわけで、その点ではこれだけ目立ってくれるのは助かります。
もし今すぐ時間をかけて駆除することができない場合は、まずは今伸びているいくつもの花茎だけでも手当たり次第全部、上の方でよいのですぱっと刈ってしまって花をつけさせないようにしてください。落ち着けるので一気に楽になります。
葉腋に目立たない花をつけるような植物ではないので、花だけなんとかしてその年に新たな種さえ零させなければ以降一気に減らせるので、だいぶ気は楽な方です。
問題は超x10な感じの密生部ができることです。
痩せ地で多いのですが、前年に丸ごと倒れた場所とかで1cmとか2cmとかの超小株で5mmの花をつけて実を結んだりするものが数百本(!)とかまとまって生えたりするため、それはさすがにいちいち一本ずつ抜いていられません。
他に何もないなら花期の間に土ごとスコップとかでざるにでも上げてふるって取ると楽です。
この方法は他に色々植えてあったり特に芝生マット等ではできないので、そういった場所に超密生すると厳しいです。…。

なお、実ができちゃっててもまだ諦めないでください。上のハッチが開いて種を零してさえなければまだ影響がないですし、とにかくずぼっと抜くかすぱっと刈ってください、十分何とかなります。

花確認:
2006(F4)(F5)(F6)
2007(F3)(F4)(F5)(F6)
2008(F4)
2009(F4)(F5)
2010(F4)(F5)
2011(F4)(F5)
2013(F3)
実確認:
2006(C5)(C6)
2007(C4)(C5)(C6)
2008(C4)
2009(C5)
2010(C5)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。