まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

コウゾリナ

コウゾリナ トップ
キク科
コウゾリナ属
Picris hieracioides L. subsp. japonica (Thunb.) Krylov

花は頭花の径で2cmから2.5cm程度、草丈は35cmから80cm程度。
棘状に硬い紅い毛で毛深い。上部でよく分枝する。
実が近場に落ちる場合が多いのか周囲に多く生える。明るい草地や歩道の草地帯等で群生する場合が多い。
総苞の黒い毛のせいで蕾部は黒っぽい渋い緑褐色に見える。

全景の様子

コウゾリナ 全景 コウゾリナ 全景 コウゾリナ 全景 コウゾリナ 薄黄タイプ全景
分枝しまくるが開出角が狭いのでシルエット的に直立性が高い。
右の写真は、花色が薄いもの。晴天下で飛ばないようにする必要があり、濃い目に写ってしまったが。

蕾と花序の様子、花の拡大

コウゾリナ 蕾 コウゾリナ 蕾の総苞 コウゾリナ 頭花 コウゾリナ 頭花
コウゾリナ 頭花 長めの円筒形の総苞。蕾の棘毛は他の部位と異なり黒っぽい。花後の総苞はらっきょのように下膨れ。
総苞内片はきれいに揃って長く、総苞外片はそれより短いがみな不揃いで細い。
片に列状になった、黒い長い剛毛が顕著。

根生葉・茎葉と茎の様子

コウゾリナ 葉 コウゾリナ 葉 コウゾリナ 茎 葉は緩い鋸歯が縁全体にあり、 形状は、根生葉は倒披針形で基部側が長く柄状になり、下部の葉では基部がくさび形の単純な披針形か線形。
上部では基部のサイドが円形や浅心形になり茎と接する
葉の表面にぷつぷつと紫の毛がまばらに生える。
縁と下面脈上には赤紫の棘のような開出毛が生える。
茎は黄緑が基本で時折赤紫に染まる。緑褐色気味。筋状の窪みが多数あり、窪みではない部分には基部側半分程度が赤紫の、硬い開出毛が散生。
先の方が太くやや白っぽく、更に先端を見ると更に広がっているものもある。

果実の様子

コウゾリナ 花後かなり膨れた総苞 コウゾリナ 果実(冠毛のある痩果) コウゾリナ 果実
コウゾリナ 冠毛・痩果 花後の総苞はらっきょぐらいで終わらず逆さの白熱電球のような膨れ具合になる。
開くと綿毛が密生。それぞれ柄のない放射状の冠毛つきの痩果で、密度がかなりあるのでノゲシのような暑苦しさ。全体のサイズも同じくらい。
各毛はよく見ると羽状になっている。痩果に近い部分は明るい褐色。
湾曲した両端の細丸円筒形で、バナナのような形状縦の筋窪みと横の細かい皺がある。
タンポポ等と比べると、冠毛とのバランス上かなり重いので、遠方よりも周辺に落ちて拡がるのだろう。


花確認:
2006(F5)
2007(F4)(F5)(F6)(F7)
2008(F5)(F6)
2011(F5)(F6)
実確認:
2007(C6)(C7)
2008(C5)(C6)

宮城県版のコウゾリナ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。