まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

キツネアザミ

キツネアザミ トップ
キク科
キツネアザミ属
Hemistepta lyrata Bunge

頭花は1.5cmから2cm程度。
30cmから80cm程度の長い茎をひょろっと伸ばし、途中で数本に分かれて先端に濃い紫の丸い玉のような蕾をつける。
この丸い蕾の形のまま紫の総苞の先端からぽんと薄いピンクと言うか紫と言うかの色の花をつける。面白い形だが、蕾の時の方が濃く繊細な深みのある色の変化を持っていて美しいと思う。

染まった総苞が特徴的で面白い。
葉に棘はない。

全景

キツネアザミ 全景 キツネアザミ 全景 キツネアザミ 全景 ひょろっと長く伸びてよく分枝する。開出角が狭いので結構まとまっている。

蕾状態の頭花と開花期の頭花

キツネアザミ 花茎が伸びていないもの キツネアザミ 頭花蕾 キツネアザミ 花 キツネアザミ 頭花
キツネアザミ 頭花 花期には目立つ葉は下部から1/3程度の位置までしかないが、まだ上部が伸びていない時期にはずんぐりしている。
一枚目のように大きな葉が随分上まであるこのようなものは、この後の花期にはかなり大型になる。荒地ではない草地では、このような元気のよいものが時折見られる。(東松戸周辺は、建物が建っていない場所でも痩せて後退型の荒地な感じの元耕作地がわりと多いのでそういった姿のものはあまり見られないが。)
きゅっと硬く締まった渋く濃い赤紫の卵体の総苞の上にふさふさと薄桃色の小花が多数密集したものがぽんと乗っているような感じで、面白い。
総苞の片は細く線状披針形で、縁はやや色が薄く翼状になっている。先端側は縁も含めて赤紫に染まっている。
なお、時折総苞が染まりのない緑のものもあるが、どちらかというと珍しい。

葉の様子・花茎

キツネアザミ 葉 葉は極端に羽状深裂(から羽状全裂)し、各裂片は荒い鋸歯のある長菱形状。頂裂片は最も大きく三角状のものが多い。
濃い緑で、結構鮮やか。裏面は細かいくも毛が密生して蓬の葉裏みたいに白くなっている。

幼生株の様子

キツネアザミ 幼生株 キツネアザミ 幼生株 ごわごわ皺深いのと緑が濃い目なこと、裏が極端に白く毛っぽいことですぐこれと分かる。


花確認:
2006(F5)
2007(F4)(F5)
2008(F5)
2011(F5)
実確認:
2008(C8)

宮城県版のキツネアザミ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。