まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ノチドメ

ノチドメ トップ
セリ科 チドメグサ属
123456789101112

Hydrocotyle maritima Honda.

花は1.5mmから1.8mm程度、草丈は1cmから2.5cm程度。ほとんど全体が地を這っていて、せいぜい先端だけ少し斜上する程度。花は葉腋から出た長い花柄の先端、葉と同程度の高さで球状になって咲く。
葉に毛がある(詳細は下にて)。
オオチドメと同様、明るい草地に多い。

群落

ノチドメ 全景 びっしりと芝地等を埋め尽くす。

花の様子

ノチドメ 花 ノチドメ 花の拡大 各花弁は先端側や縁付近がやや紫褐色になる。オシベの葯は黄色く鮮やかだがさすがに小さいので目立たない。
1花序に6から8花程度。

葉の様子

ノチドメ 葉 ノチドメ 葉表 ノチドメ 葉裏 葉は1.5cmから2cm程度か。たまにオオチドメと被るくらい大きく3cm程度。つやが強い。全体が五角形状円形で5つに深裂するか、もしくは、3つに深裂してから側裂片が更に2中裂する。小さな切れ込みはオオチドメより顕著に強くなっていて多数。基部左右はぴっちり閉じず20度?40度程度開いている。葉には表と裏に毛があることが特徴。
表には、3深裂のそれぞれの片に開出した長軟毛が1か2本だけ脈上にアクセントのように生えている。裏は脈上に開出長軟毛が何本か生える。
ただ、すべての葉に生えているわけでもないようで、しかも大抵人が歩くような明るい草地(芝生等)で見かけるので、傷んでなくなっている場合も多い。一枚見て毛がない、とぱっと判断しない方が良い。

果実の様子

ノチドメ 果実 角丸四角状がふたつくっついた扁平な形状。長さ2.8mmから2.2mm程度。


花確認:
2008(F7)(F8)
2009(F6)
実確認:
2008(C7)(C8)
2009(C6)

宮城県版のチドメグサ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。