まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

アメリカアゼナ

アメリカアゼナ トップ
アゼナ科 アゼナ属
123456789101112

Lindernia dubia (L.) Pennell subsp. major (Pursh) Pennell

花は径5mmから6mm程度、長さ7.5mmから9mm程度、茎はよく開出して分枝し斜上、高さは5cmから10cm程度。真っ直ぐ立てれば15cm程度になる。対生する葉腋から枝か一花を出している。

なお、現在この記事に掲載しているのはCタイプとされるもの。他に、葉の重心が基部寄りで基部が円形のRタイプ(タケトアゼナ)がある。ただし、実際にはかなり連続的な感じで、株内でも部位によってよく育った葉が円形だったり、けっこうまちまちでフィールドのものをみんな明確に2型に分けられるようなものではない。

全景の様子

アメリカアゼナ 全景 湾曲して前方に寄せてくるので正面からの全景はうまく撮れない。どうしても後ろか上からになる。

花と萼の様子

アメリカアゼナ 花 アメリカアゼナ 花と萼 アメリカアゼナ アゼナと比較
花は唇形。
上唇は横幅の広い低めの2裂片になる。それぞれの裂片の外側に一段窪みがある。裂片先端は鈍頭。下唇は強く3裂し、左右の裂片はほとんど真っ直ぐといってよいほど強く外に向いている。この裂片は、やや鈍頭の頂点を基準に見ると、前側:卵形、後ろ側:倒卵形、を組み合わせた形状。頂裂片は倒卵形。どの裂片も縁がやや不整にがたついている。3裂片とも基部付近左右がかなり薄い紫に斑になっていて、更に、筒部との境の少し前方に4つ、丸い他より少し色の濃い紫の斑がある。
筒部はかなり薄い紫。筒部はつぶれた形状で断面が長楕円状になっている。筒部途中の、丁度萼の先端あたりになる部分で「⌒」形の山があり先端側が少し下に曲がっている。

下唇側オシベは花冠合着部ぎりぎりあたりで枝分かれして前に突き出すこん棒状付属突起がつき横に枝分かれした側は花冠の横側くらいの長さで先細りして終わっていて、花冠内側を巻いて上に向かうことはない。ようは、こん棒からちょっとした横へ出たひげ程度にしかなっていない。この先端(※こん棒のことではない)は針のようになっていて葯がなく、仮オシベ。このこん棒状付属突起の役割は分からないが、奥側(花冠合着部の方)が黄色く奥へ続いているので、黄色い部分が蜜標でこん棒部分が着陸台ではないか、と思われる。

萼は2.5mmから3mm程度で、5深裂していて、それぞれの裂片は等幅で先端だけ三角に尖り、面に白い剛毛が散生。
花柄は花とのバランス的に結構長く伸びていて1.5cm程度あり、真っ直ぐ開出気味に斜上する(苞葉から少し浮く程度が多い)。
花が咲いている段階ではその花の基部の葉は伸び切っておらず花柄より短いが、伸び切った葉と伸び切った花柄では葉の方が基本的に少し長い。なお、タケトアゼナはこれよりやや長く、ヒメアメリカアゼナに至っては花期から圧倒的に苞葉よりひょろっと長い。

葉と茎の様子

アメリカアゼナ 葉 アメリカアゼナ 茎 葉は対生し、無柄だが基部が強いくさび形でやや葉柄状に見える。ところどころ弱い円形になっている葉も混じる。形状は狭倒卵形で縁はやや弱い鋸歯が3対程度ある。表面は3脈が緩やかに窪み、全体にややのっぺりしている。つやがある。葉裏もつやが強い。縁には微細な毛が生えているが、ほとんどわからない。
茎は黄土色から薄い緑褐色に染まり、4稜がありそれぞれの稜は少し丸い。また、面は少し丸く膨らんでいる。

秋から冬の紅葉の様子

アメリカアゼナ 秋冬の姿 田んぼ中で畦の縁あたりによく生えていて他にそれほど色々生えているわけでもないのだが紅葉して鮮やかでもそれほど目立たない。…薄いので。
この写真で左の方に多数写っている、質感が似ている青々としたものはトキワハゼ。


花確認:
2008(F7)
実確認:
2008(C7)

宮城県版のアゼナ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。