まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

トウダイグサ

トウダイグサ 花
トウダイグサ科
トウダイグサ属
Euphorbia helioscopia L.

上部(花部分)全体で5cm?7cm程度、草丈は8cm?15cm程度。根元で分枝し放射状に斜上し、めったに真っ直ぐに伸びたものは見かけない。
茎以外は全体的に霜が降ったように白っぽさがあり、また、色自体も明るい黄緑で、草むらで異様に眼にしくしくと沁みるように目立つ。つい眼が行ってしまう。
最下段のきれいな長楕円の苞葉は5枚きれいに輪生し、その上に5枝花柄が伸び、整った5角形になる。
それぞれの小花柄にはさらに3枚の整った円形の苞葉が輪生し、その上でさらに3分枝して苞葉が輪生、その上にさらにそれぞれに苞葉のついた3?4の杯状花序の小花柄が伸び、その先にそれぞれに苞葉をつける各花序がつく。
苞葉にも細かい鋸歯がある。
植物体を傷つけると乳液が出るが、有毒なので触れないこと。
岬にある灯台ではなく、燭台の方が由来らしい。赤茶の茎にぽんと異様に明るい色の塊が乗っかってる様子がそう見えるのか。
ぷち図鑑エリア周辺では、とある霊園の草地ととある中学校の周囲の道脇の二箇所で大群生している。他でもよく見られるのだが、それぞれの場所で数は少ない。

開花初期の様子

トウダイグサ 早い時期全景 トウダイグサ 早い時期茎1本・花序周辺
ちょうど咲いた頃には、まだ這ったまま。時期が進むと段々と先端が立ち上がるので、草むらで立ち上がっているものを見ると放射状に生えているのに気づかないかもしれない。

花序部分の拡大

トウダイグサ 花序 トウダイグサ 花序 本来随分明るいが、飛ばないように撮ろうとすると落ち着きすぎて実物と雰囲気が少し変わってしまう。
花序は、数個の雄花を輪生し、その中央から横に軸が伸びごろんと伸びて倒れた子房とその先端に3の花柱をつける雌花1で構成される。
先に黄色い花粉をつけた雄花が咲いて、終わった頃に雌花が伸びてきてごろんとなる。柱頭は3本あり、くるんと反り返っている。先端は半透明で拡大するときれい。

葉と茎

トウダイグサ 葉・茎 葉は少し広めのヘラ形で葉柄はない。苞葉と違い輪生せず、まばら。葉裏全体と、茎の葉が生える付近に白い長い軟毛がまばらに生える。細かい鋸歯がある。

幼生期の様子

トウダイグサ 幼生期 放射状によく分枝し地を這っている。若い部分は葉も茎も赤紫で、徐々に葉が大きくなるにつれて明るい白緑になっている。縁に赤紫が残るものが多い。


花確認:
2006(F4)(F5)(F6)
2007(F3)(F4)
2008(F3)(F4)
2009(F2)(F3)(F4)
2010(F2)(F3)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。