まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

アメリカネナシカズラ

アメリカネナシカズラ トップ
ヒルガオ科 ネナシカズラ属
123456789101112

Cuscuta campestris Yuncker

花は径3mmから3.5mm程度、つる性で数mになりよく密集してからまるように何かしらの寄生相手に巻きついて『根』を食い込ませている。
葉を持たない。土にある最初の根はすぐ枯れるらしいが、確認していない。
普通の茎は黄色く0.7mmから1mm程度、 強く相手に巻きついて時間の経ったと思われる部分的に太くなっているところではそこだけ2.5mm近くになり、色も鮮やかな橙になる。
この黄色系の茎が密に絡まっているので枯れ草の少ない夏の時期に離れていても結構目立つ。

メドハギ・ムラサキツメクサ・シロツメクサ・ツルマメといったマメ科によく巻きついているがやや茎はまばらな感じで、セイタカアワダチソウ等の大型でやや軟質のキク科に巻きついているものは密集度が極めて高く寄生相手がほとんど見えなくなるほどになっている。
イ ネ 科にも巻きついてはいるがうまく根を張れていないものばかり。
相手の茎の表面の都合なんかで栄養吸収の効率に差があるのだろうか。(そもそも相手の茎の太さが違う点もあるが。)

マメ科や一部の大型キク科を選んでいるというより、 これらがたまたま多少無理されても枯れない種類だから結果それらを選んだ個体が一緒に長く生きているのかもしれないし、まぁよく分からない。

全景の様子

アメリカネナシカズラ 全景 アメリカネナシカズラ 全景

花序と花の様子

アメリカネナシカズラ 花序 アメリカネナシカズラ 花 花はほぼ穂状。(たまにもう一段あって複総状になっていたりもする。)
花冠と萼を合わせると鐘形と円錐の中間くらいでやや鐘形寄り。
子房の半分くらいの位置までは花柄となだらかにつながる萼で、先端は波状程度の弱い5裂、花冠に密着している。そう考えると花冠は少なくとも見える部分の9割近くが裂けていることになるか。
花柄は薄緑で萼筒は更に薄い色。先端は浅く5裂してそれぞれの裂片は正三角形程度の広さ。ほぼ平開になっている。
よく見ると鱗片状の苞がある模様。
花柱は二本突き出ていて柱頭は渋い橙。
オシベは花冠の平開部分より上方に立って突き出ている。オシベ下部には何かしらの付属体らしきものがあって(元は鱗片状?)ささくれ状に裂けていて糸状に子房を半ば包んでいる。

茎と寄生根の様子

アメリカネナシカズラ 巻いた茎 アメリカネナシカズラ 茎と寄生根 茎には、きっちり巻きついている部分にのみ、低いほとんど半球に近い先の丸い太円錐の小さな少し茎より色が白っぽいいぼ状突起(寄生根の素かな)が出ていて、特に巻いていない部分ではそれがなくかなり滑々しているのだが、同じ茎の、巻きついた部分にのみ出ていて、そのすぐ手前やそのすぐ先には出ていない。特に役割別の茎があるわけではないようだ。
ぐるぐる巻いているだけだと思って寄生相手の茎から外そうとすると簡単には外れない。
茎には筋状というか板状の稜のような部分があっていぼ状突起はこの上に並んでいて、相手のある側にのみ出るというわけではない模様。
幾筋もあるので結果全体に散生することになるのだが、これらのうち相手に直接接しているところがめり込んだ後栄養吸収をしやすい形状に変化していると思われる。
(相手から外そうとした際に茎(※寄生相手のではない)が二つに裂けて板状の部分だけが突起とともにテープのようによく残るので。)
寄生相手にめり込んだいぼ状突起はやや大きくなっていて、特に随分時間が経過していると思われるものでは丸みを帯びるくらい膨れている。
実は最初結構な棘になっているのかと思っていたのだが、見ると棘どころかまともな円錐にすらなっていないのでちょっと意外だった。
力で締め付けることでめり込むのだろうか。

果実の様子

アメリカネナシカズラ 若い果実 アメリカネナシカズラ 若い果実 アメリカネナシカズラ 果実
アメリカネナシカズラ _minattou 薄緑から黄土色になりその後橙っぽくなって、最後は薄い明るい渋褐色になる。この頃には茎も枯れ、何だかひきわり納豆をぶちまけたよう…。
花冠はほとんど取れてしまうが、子房の赤道位置を弱い波状の萼の先端が通りそこにかすかにぼろぼろのくしゃくしゃの花冠残骸が残り、筋になっているものも多い。


花確認:
2008(F8)(F9)(F10)
実確認:
2008(C8)(C9)(C10)

宮城県版のネナシカズラ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。