まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

コギシギシ (広義)

コギシギシ (広義) トップ
タデ科 ギシギシ属
123456789101112

Rumex dentatus L.

いつもまじめに見ようと思うと果実期なので花のサイズは計っていない…どころか写真を撮ってない。
草丈は周辺では20cmから50cm程度。
花被片の棘状に出た突起はエゾノギシギシが最も似ているが、全草のシルエットはエゾノギシギシのようなややずんぐり高密度で横にも太いがっしりしたものではなく、ひょろっとスマート

この場所のものが最近入ってきたものなのか以前からあったものなのかわからない。大きな河川の下流域なので、上流から色々流れてきて一時的に居つくものは多い。
とりあえずRumex dentatus L.であるのは確かのようなので、広義のコギシギシ(Rumex dentatus L.)として掲載しておく。

全景と花序の様子

コギシギシ (広義) 全景 コギシギシ (広義) 全景 コギシギシ (広義) 全景 左二枚は赤味と白味が極端に強い群落だが、この周辺は狭い範囲で草の生えない荒れ地状になっていて、 科に関わらず多くの植物が錆びたような赤色と白っぽい薄緑になるのでそれと同じ原因と思われる。
また、直射日光に耐え切れず早々に枯れる草が多い。

花序は輪生状のかたまりがはっきりした段々になっていて、ひとつの穂に見えるエゾノギシギシとは大きく異なる。(アレチギシギシほどはばらばら感はないが、環境により茎に色がついた個体では段々であることが目立つ。)
黄色味のほとんどない薄緑の花被片で、花期のエゾノギシギシのような黄土色と黄緑を合わせたような妙な色はしていない。
大抵、段々毎に大きめの狭長楕円か広線形のシンプルな苞葉がつんつん出ていていいアクセントになっている。

葉と葉裏の様子

コギシギシ (広義) 葉 コギシギシ (広義) 葉 コギシギシ (広義) 葉裏 葉は狭長楕円か狭倒披針形でほとんど等幅、先端は三角に狭くなり、基部は切形かやや心形で張り出しがはっきりしている。
場合によりそれより先で一旦弱くくびれていて基部が再度少し太くなっているものもある。葉柄は顕著。
大型の個体でも葉は小さめで、周辺では葉は長くても5cm程度で通常4cmまで。
葉は無毛で、葉裏の脈上等にはエゾノギシギシのような乳頭状突起毛や細脈上等の微毛はなくすべすべ。

果実の様子

コギシギシ (広義) 果実 コギシギシ (広義) 果実 コギシギシ (広義) 果実 内花被片は卵形で先端は鋭い。縁には長い真っ直ぐで細い棘が3対、たまに不整にもう一本、少し短い棘も出ている。
最も大きな花被片の棘は長さ2mm程度で花被片本体の幅とほぼ同長からわずかに短い。他の2つの花被片では1mmから1.5mm程度。
粒体はエゾノギシギシと異なり3花被片ともにあり、大きさもほとんど揃っている。
エゾノギシギシは通常、もっとも大きな花被片にのみあり、まれに3花被片にある場合もずっと小さい。
白に近い象牙色の卵形の粒体が目立っていてきれい。


花確認:
2008(F5)(F6)(F8)
実確認:
2008(C5)(C6)(C8)

宮城県版のギシギシ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。