まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

コマツヨイグサ

コマツヨイグサ 全景
アカバナ科
マツヨイグサ属
Oenothera laciniata Hill

花は2.5cmから3cm程度、レモンイエローでよく目立つ。
頻繁に分枝する。地を這って先端はやや斜上するものが多く、長さ25cmから60cm程度になる。なお、全体が直立するものも少なくはないので、気にして探せばすぐに見つかる。
葉の縁はかなり変異があり面白い。
夕方日の色が変わる頃かやや暗くなり始める頃から咲き、真夜中の2時頃にはややカップが狭まる感じだが、朝にもまだ咲いてはいる。

全景の様子

コマツヨイグサ 全景 コマツヨイグサ 全景 コマツヨイグサ 全景 コマツヨイグサ 全景
よく這っているタイプは風によって揺れることもなく撮影は楽なのだが、地面が写るせいで画像の容量が爆発的に増えて困る。…。

花と花後の様子

コマツヨイグサ 花 コマツヨイグサ 花 コマツヨイグサ 花横 コマツヨイグサ 花
コマツヨイグサ 花のシベ 長い柄があるように見えるが実際には花柄はなく、長い棒状の子房の先に長い萼筒がある。萼筒は萼片の1.8倍から2倍程度と極端に長い。
子房は花期にはややくねくね曲がっている。
薄黄色で糸を引いたようにくっついた花粉がまとわりついている。メシベの柱頭は4裂し、結構太い。柱頭は開花後すぐ開くものもあれば、朝まで開かないものまである。タイミングがまちまち。
オシベは花糸が短めで、葯がかなり長細いのが目立つ。
花弁は広く潰れた倒心形で、先端の窪み部分はまちまち。深く切れ込むことでハートと言うよりはVのように見えるものもある。

コマツヨイグサ 花後 コマツヨイグサ 花後 花弁と萼片は花後かなり赤くなり、黄色味はほとんどなくなる。萼片の先端には外側に角状になった突起があるのだが、ここはなかなか染まらない。

葉と茎の様子

コマツヨイグサ 葉 コマツヨイグサ 茎 葉は極端に波打ち切れ込むが、変異が多く、全縁の場合もあるし、波打たない場合もある。(現に、上の、萎れた花の写真のものでは全縁となっている。)
蕾の毛は長い。
茎には白い上に曲がる毛が生える。毛の基部が薄めの赤で膨れる

果実の様子

コマツヨイグサ 果実 コマツヨイグサ 果実 コマツヨイグサ 果実 細身で長い蒴果は秋には深く割けて片がくねくねしている。

秋から春までの様子

コマツヨイグサ ロゼット コマツヨイグサ ロゼットの生長 コマツヨイグサ ロゼットから伸びた枝 左端は10月中旬。きれいなロゼットが展開していた。
右は別の株だが同じ狭い空き地内の群落のもので、1月の様子。南が道路でその向こうに高い建築物等がないのでよく日が照り、東側のマンションで風が防がれているので育つのが早い。ロゼットの中央部は面白く盛り上がり、脇から枝も何本か出ている。


花確認:
2006(F5)(F6)(F7)(F8)(F11)(F12)
2007(F3)(F4)(F5)(F6)(F7)(F10)(F11)
2008(F4)(F5)(F6)(F7)(F8)(F9)
2009(F5)(F6)(F7)
2011(F9)
2012(F7)(F8)
実確認:
2006(C7)(C8)(C11)(C12)
2007(C6)(C7)(C10)(C11)
2008(C5)(C6)(C7)(C8)(C9)
2009(C7)(C10)
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。