まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ウスアカカタバミ

ウスアカカタバミ 全景
カタバミ科
カタバミ属
Oxalis corniculata L. f. atropurpurea (Planch.) Van Houtte ex Hegi

花は8mm?1cm程度。
葉に紫と緑が混じるカタバミ。緑寄り。カタバミの形態(品種、forma。)とされている。
アカカタバミほど小さな葉ではなく、カタバミと同じくらいか。
アカカタバミにある花の中心部の赤いリングはこちらにもやはりあるものの、薄くてあまり目立たない。

全景

ウスアカカタバミ 全景

花の様子

ウスアカカタバミ 花 ウスアカカタバミ 花 薄めのリングが見える。

葉と葉柄・托葉・茎の様子

ウスアカカタバミ 葉・茎・托葉 茎、葉柄には白い軟毛が散生。
托葉は広め。

葉と果実

ウスアカカタバミ 果実 ウスアカカタバミ 果実 果実の色は赤みが薄く黄緑に近い。長さ1.5cm?2cm程度。

シベなどが花弁化した八重のウスアカカタバミ

ウスアカカタバミ 八重化した花 シベがかろうじて残っているため、この株には種ができていた。
カタバミの仲間はよく刈られる場所に生える場合八重になっているものが多く見られる。ので、それほど珍しいものではない。


花確認:
2006(F5)(F6)(F11)(F12)
2008(F4)(F5)(F6)(F7)
2009(F5)(F10)
2010(F3)(F4)
実確認:
2006(C5)(C6)(C11)
2008(C5)(C6)(C7)

宮城県版のカタバミ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。