まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

コヤブタバコ

コヤブタバコ トップ
キク科 ガンクビソウ属
123456789101112

Carpesium cernuum L.

頭花は1.2cmから1.5cm程度、草丈は40cmから80cm程度。
互生の葉腋で中部から上部にかけてやや短い枝を出す。
頂点と枝先に頭花をつける。柄が急に屈曲し下向きに咲く。
全草毛深い
近所では、明るい林内の下草として見られる。
似たような仲間の中では頭花が大き目。

全景

コヤブタバコ 全景 全草がやや斜めに湾曲して傾いて花が下向きなのでピント合わせが大変。コンパクトの液晶でのピント合わせは面倒であまりしたくないのだがやむを得ずマニュアルフォーカスにて撮影。

頭花の様子・後姿

コヤブタバコ 頭花 コヤブタバコ 頭花の拡大 コヤブタバコ 頭花後ろ 頭花は細くない。筒状花は白っぽいクリーム色の筒。周囲には二股に分かれたメシベの雌花、中は黄色いつんつん突き出たシベの目立つ両性花?。
総苞内片は白で密、ぴったり閉じて上端が揃った印象、2列目は中央脈付近だけが薄緑、その外の2列は緑で少しまばらになり先端がやや反る。その外からは急に目立つサイズになり、全体が後方にやや反る。この目立つものは段々下に向かって大きくなる披針形ないし線状披針形で基部がやや柄状になったものになる。総苞は表面にやや開出した短毛が生える。
大きな総苞は表は短毛がやや密。全縁だがややいびつ、また上下面方向にややよれている。
頭花の柄にも苞葉縁・苞葉裏にも伏した軟毛が密。
総苞内片がやや飛び出ているためこの部分の白が目立ち、花は似た仲間の中では随分白く見える

柄は頭花に向けて太るが、それほどでっぷりした扁平なシルエットにはなっていない。

葉と葉裏、茎の様子

コヤブタバコ 葉 コヤブタバコ 葉裏 コヤブタバコ 茎 葉は面が広く卵形から長卵形・卵状長楕円形縁が不整で細かく弱い欠刻状、先端は尖る。基部はくさび形でその後葉柄に細い翼状に流れる。
なお、上部ではやや狭く、狭卵形程度。
葉面は脈のしわがやや強い。
葉は表にも短毛が目立つが、鈍いつやが認められる。
縁や葉裏は軟毛が密。
茎には伏した軟毛が密で、土や砂、ほこりがまとわりついていたりする。

花期に根生葉はない模様。

果実の様子

コヤブタバコ 果実 屈曲した柄の先に円形の部分だけ残っている。円形の部分がやや反るようになるので、果実がやや拡がるようについている。(くっついているのは主にくもの糸のせい。もちろん先端側に腺毛のあるエリアがあり実際少し粘ってくっつくのだが。合わせ技ということで強くくっついている。)


花確認:
2008(F8)
実確認:
2008(C10)

宮城県版のガンクビソウ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。