まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ヌスビトハギ

ヌスビトハギ トップ
マメ科 ヌスビトハギ属
123456789101112

Desmodium podocarpum DC. subsp. oxyphyllum (DC.) H.Ohashi

花は幅3.5mmから4.5mm程度と小さく、草丈はそれに反して50cmから1m程度。
ひょろっとした姿ではあるが、この種の変種であるヤブハギ、ケヤブハギと比べると葉はまばらに散った感じに離れてわりと上部まであり、花茎だけひょろっと立っているわけではないのでコンパクトカメラでもピントはわりと合う(花のそばの葉に合わせればよいので。)。ので、撮影は少し楽かもしれない。
上部でよく花序の枝を分け、それぞれ15cmから20cm程度の総状花序になっている。質が硬いためくねくねとしながらも上に伸びていて、花序はあまり倒れない。

茎や花序軸は渋く濃い紫褐色に染まる場合が多い。軟毛がまばら。若い部分ほど多くなり、花序軸では短くなり量は多め。

(※カメラ(DMC-LX2)を変えない限り部分部分が小さくてひょろっとした植物の全景写真には期待できないので、あまり撮っていない。部分のアップは小道具の工夫でいくらでも撮れるのだが。)

全景

ヌスビトハギ 全景 ヌスビトハギ 全景

花序と花の様子

ヌスビトハギ 花序 ヌスビトハギ 花 花は旗弁は薄い桃色、翼弁は同じく薄桃色ベースに、先端側半分程度が濃い桃色から赤紫で真っ直ぐ前方に伸びている。竜骨弁は白からきわめて薄い桃色。
蟻が多いなと思ったら花の中で蜜が浮いている。
先端側に薄桃色の染まりのある白いやや扁平な子房の先端から旗弁側につんと折れた白い花柱が面白い。
各花柄の基部に若草色から薄黄緑の細い三角形の苞があり、いいアクセント。縁は短毛。

葉と茎の様子

ヌスビトハギ 葉 ヌスビトハギ 葉 ヌスビトハギ 茎 葉は3出複葉で頂小葉の軸だけが長い。小葉のサイズはヤブハギ、ケヤブハギより小さいものが多い。
それぞれの小葉基部の少し下に線形の付属物が一対あり、小托葉と呼ぶ。頂小葉のものは顕著だが、側小葉ではなかったり、小さくなったりしている。頂小葉は菱状狭卵形から菱状狭楕円形で、ヤブハギやケヤブハギのような基部側に重心のあるものとはバランスが異なる。側小葉は中央脈を軸に左右が非対称になっていて、葉全体の基部側が広く菱状狭卵形、葉全体の先端側(頂小葉側)が狭楕円形。
それぞれ縁は弱い波状のようながたつきがある。葉面はすべすべしているがつやはほとんどなく鈍い。色の差のせいか、脈がやや目立つ(脈が少し薄い)。また、脈に向けて窪んでいて全体に立体的というか、ややぼこぼこしている。

葉柄は顕著で、茎から垂直に出ている。
茎や葉柄は硬くぴんとしていて、稜がある。

果実の様子

ヌスビトハギ 果実 ヌスビトハギ 果実 長さ2cm程度。
特徴的な形状と模様。「B」の直線部分をそれぞれの「D」毎に内に押し込んだ形状。ようは、太った三日月が縦に連なっている感じ。背側はやや膨らんで丸みがあり緑色、面部分は周辺部が緑色でそれ以外は若草色から黄緑色で全体に濃い黒紫の微細な斑点があるが背に近い側では大きくなってくっついている。


花確認:
2008(F8)
2012(F8)
実確認:
2007(C9)
2008(C10)(C11)
2012(C8)
宮城県版のヌスビトハギ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。