まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

トキンソウ

トキンソウ トップ
キク科 トキンソウ属
123456789101112

Centipeda minima (L.) A.Braun et Asch.

花は中央の両性花開花期の頭花の径で1.5mmからよくて2mm程度と極めて小さい。草丈は這い性が強く5cm程度、よく分枝して周囲15cm程度に広がっている。目立つ饅頭型の3mmから4.5mm程度のいぼいぼっぽい状態では両性花は既に終わり周囲の雌花も結実しかけて膨らみ始めている状態。
河川高水敷の川縁付近や田んぼの畦等に散見されるが、さすがにこれを目当てにして知らない場所で見つけるのは難しい。

全景の様子

トキンソウ 全景 まばらに葉腋から短い花序の枝を出しそれぞれに頭花が頂生。小さい上に数も少ないので目立たない。全体に強く這ってくねくねとのたうっている感じ。花も葉も小さいため、バランス的に茎は野太い。

花序の様子・茎の様子

トキンソウ 花序 トキンソウ 花 トキンソウ 花の横と茎 1.5mmの最も小さい時期が最も鮮やか。肉眼では気づかないと思われるが、中央の10花程度は4裂する花冠のある両性花で、蕾状態では思いのほか鮮やかな赤紫色。展開すると花冠内側は最初薄緑で、段々縁から赤紫に染まっていく。短い筒状に合着したオシベが鮮やかな黄色の花粉できれい。花粉はすぐになくなり緑と紫だけになる。
周囲の多数ある雌花には花冠がなく、痩果の部分と花柱の部分とで二段になっている。最初先端は緑色だが膨らみ始める頃には紫に染まるため、頭花全体が点々に紫が入って面白い。最盛期には頭花の半分以上が広い総苞に包まれているが、徐々に痩果が膨らんで全体的に大きな饅頭から球になり、総苞の上にこんもりと乗った感じになる。
茎は縦にやや筋状になった白いくも毛が密だがそれほど目立たない。

葉の様子

トキンソウ 葉 倒披針形で先端側で1対か2対ぷつっと鋸歯ができている。全体にぷりっとのっぺりした無毛の葉で、主脈もほとんど目立たない。 上部ではほとんど円頭で、鋸歯もない。

果実の様子

トキンソウ 果実 トキンソウ 果実期全景 楔のような細い形状で、斜上する軟毛が密。受粉後白くなってからやや薄めの褐色になる。こうして見ればどう見てもはっきりキク科。
冬時期には薄いベージュになり部分的に赤紫が入り、離れてみるとヒユ科のツルノゲイトウ等に近い姿に見え、ちょっぴり紛らわしい。と言っても、近寄れば対生ではない(部分的には対生もするが。)し果実部分が綿毛がないだけでタンポポなんかと同じように見えるのですぐそれと分かる。


花確認:
2008(F8)(F9)(F10)
2009(F8)
実確認:
2008(C8)(C9)(C10)
2009(C11)

宮城県版のトキンソウ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。