まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

サクラタデ

サクラタデ トップ
タデ科 イヌタデ属
123456789101112

Persicaria macrantha (Meisn.) Haraldson

花は半開きでも径4.5mmから5mm程度(開くともう1.5mmから2mmは大きくなる。)。草丈は40cmから60cm程度。
イヌタデタイプ(イヌタデ、オオイヌタデ、ハナタデ等)のシルエットに、バランス的にやたら大きな花をつけるので草むらで結構目立つ。
河川高水敷にて川縁ぎりぎりに1mちょっとの狭い群落を形成していた。
シロバナハナサクラタデはこの種の白花品種とされるが、名前が良く似て花がやや小さめな「シロバナサクラタデ」はそれとは別種なので注意。
(なお、現時点のYListではサクラタデの学名が白花品種と異なっていて、Persicaria conspicuaはシノニムになっている。品種シロバナハナサクラタデの方の組み換え忘れというか放置されているのだろう。)
雌雄異株

全景の様子

サクラタデ 全景 サクラタデ 全景 サクラタデ 全景 花序は葉腋から1本ずつ出し、全体で2から3本程度が普通。
咲き乱れて大きくなると花期でもやや垂れるものが増えてくるが、それまでは直立。
花が大きいため群落はやや華やか。
(左の写真に一緒に写っている小さめの桃色で葉が波打っているものはイヌタデ。)

花の様子

サクラタデ 花 サクラタデ 花 花はそれほど密集はしないが、まばらにはならない。イヌタデより少し疎、くらい。
この群落では萼片の基部付近だけが桃色でほとんど白い。色味があるのでシロバナハナサクラタデではない。
花柄は紫褐色で萼片最基部は緑。
萼片はやや菱状で卵形、まれに少し細く狭卵形。少し色味のある腺点が多くつく。
メシベは3本に分かれてくねくねと長く伸びていて、この群落では雌株のようで、長い。代わりにオシベは短い。
「~サクラタデ」はどれも、オシベかメシベどちらかがつんつん突き出て目立つ。
なお、オシベの葯をよく見ると花粉が出ているようで、機能はしている模様。

葉の様子

サクラタデ 葉 サクラタデ 葉の拡大 サクラタデ 若い葉 葉は10cmから12cm程度で、表面に微毛がやや多いためざらつく。若い時期は特に多い。
縁毛はやや目立つ前方に伏した短毛がかなり密生裏面は脈上に短毛が生える。
右は若い葉の様子。若い時期には基部寄りの位置に鈍い斑紋があるがほとんどの場合、生長とともになくなる。

托葉鞘の様子

サクラタデ 托葉鞘 サクラタデ 托葉鞘 托葉鞘は先端から1/3から1/2程度が褐色半透明。
面に上向きに伏した短毛が密で、それとは別に基部から托葉鞘の中を通って太く長い剛毛が茎に伏して伸びている。外に出ている部分だけで1cm以上ある。少しよれよれ縮れている。
節はやや赤紫。


花確認:
2008(F9)

宮城県版のイヌタデ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。