まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ニセキンカクアカビョウタケ

ニセキンカクアカビョウタケ トップ
キンカクキン科 ニセキンカクキン属
123456789101112

Dicephalospora rufocornea

1mmから3mm程度、極めて小さい。探す気で林へ行ってもそうそう見つからない。
枯れ木等にある程度まとまって生え、傘状の円盤部は縁が最も色が濃いようだが、ほとんど同一色。元々山吹色程度だが、古くなると赤味が強くなり橙に近くなる。
全体はルーペで見れば微細な粉っぽいが、肉眼ではつやがないこと程度しか分からない。

全景

ニセキンカクアカビョウタケ 全景 ニセキンカクアカビョウタケ いびつなものの全景 枯れ枝についた様子と、いびつなもの。円盤は基本的に正円だが、大きくなったものではこのようにいびつでギアのように切れ込んでいるものもある。

裏と柄の様子

ニセキンカクアカビョウタケ 裏と柄状部 ニセキンカクアカビョウタケ 裏と柄状部 柄は下半分程度が段々白っぽくなっていて、最基部は黒くなっている。(似たようなビョウタケは黒くならない。)
傘状部分の裏面はひだや管孔がない。


花確認:
2008(F10)
実確認:
2008(C10)

宮城県版のニセキンカクキン属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。