まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ツルノゲイトウ

ツルノゲイトウ トップ
ヒユ科 ツルノゲイトウ属
123456789101112

Alternanthera sessilis (L.) DC.

花は径3mm程度、花序はやや毬状で6mmから8mm程度。地を這って分枝し長さは50cmから80cm程度。
茎の節から発根し地べたに張り付く。上部は少しだけ斜上するがほとんど持ち上がらない。
葉腋に毬状の花序が基本的にひとつずつつき、対生するので節毎に2玉
花は生成り色で小さく、目立たない。

某河川高水敷にて、川縁ぎりぎりに一叢、二叢生えていた。このややそばには独立してホソバツルノゲイトウの小群落もある。(掲載あり)

全景の様子

ツルノゲイトウ 全景 下部の茎はかなり太いがそれほど丈夫ではない。

花序の様子

ツルノゲイトウ 花 花序は毬状に見えるため散形のようなイメージがあるが他のヒユ科同様、形態は総状で、単に極端につまっているだけ。果実期になるとやや伸びるのと下部のものが段々取れ落ちるのとで軸が分かりやすくなる。

葉の様子

ツルノゲイトウ 葉 ツルノゲイトウ 太い葉 ツルノゲイトウ 葉裏 対生する。5cmから6cm程度はあり、かなり太く幅2cmから2.5cm。基本的に倒披針形に近いがよく太った葉では長楕円状(中央)。先端はやや鈍く、葉によっては円頭、基部は細いくさび形となり流れている。
表裏とも無毛でつやがある。質感はのっぺりしている。(※若い葉では一部に伏した軟毛が生えているものも見られる。)
縁は不整にぷつぷつと小さな鋸歯があり少しがたついた感じ。

茎の様子

ツルノゲイトウ 茎 ツルノゲイトウ 茎の節の毛 ツルノゲイトウ 節からの発根
茎には列状に少しくしゃっと張り付き気味の短軟毛が生えるエリアがあり、一列が目立ちその真裏にも少し生えている。節毎に90度ずれる。
節の境界位置から、上向きにくしゃくしゃっと張り付いたやや縮毛状の軟毛が横に環状にある。(なお、ホソバツルノゲイトウではこの部位の毛は上に伏した直毛なのでもう少しすっきりした印象。)
節では接地していると発根する。

果実と種子の様子

ツルノゲイトウ 果実 ツルノゲイトウ 果実 ツルノゲイトウ 果実
ツルノゲイトウ 種子 宿存した薄い花被片に包まれて、扁平で横に極端に広いハート型の果実ができる。幅は2.5mm程度。(ホソバツルノゲイトウではシルエットがりんご型に近くもう少し細身。)
ホソバツルノゲイトウのように桃色に染まっていない
果皮は左右に割れる。中にはひとつ種子が入っていて、扁平で円形、少し盛り上がった中央部(やや透明感がある感じ)の周囲を胚芽らしき?がほぼ全周巻いている。
表面はつやがある。径1mm程度。


花確認:
2008(F11)
実確認:
2008(C11)

宮城県版のツルノゲイトウ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。