まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

オニノゲシ

オニノゲシ トップ
キク科 ノゲシ属
123456789101112

Sonchus asper (L.) Hill

花は頭花の径で1cmから2cm程度、混生する場合はノゲシより大抵径が小さい。草丈は40cmから80cm程度。
葉は鋸歯が極めて尖りつやがあり鋸歯の形状は棘状で硬く、よく突き刺さる。オニノゲシの草むらに突っ込むのはやめた方がよい。
ノゲシより下部から中部での分枝は少なく直立し、上部で急にやや放射状に不整なほぼ散形・複散形になった特徴的な花序の枝を出すものがけっこう多い。ただしノゲシ等と同じような普通のまばらな円錐花序のものも見られる。

ノゲシもそうだが、荒れ地では渋い灰赤紫や濃い黒紫に全草が染まることも多い。
真冬以外はまず咲いているノゲシと比べると、開花時期は春にかなり偏っている。

全景と花序の様子

オニノゲシ 全景 オニノゲシ 全景 オニノゲシ 花序 オニノゲシ 蕾・花期の総苞・花後
エッジのない円筒形のものが蕾で、下膨れの壷のようなものは花後。茎や総苞には紫の腺毛が生える場合もあり、つるつるの場合もある。個体差も大きいが、同じ株内である場合とない場合がある。
頭花は開き具合がノゲシよりやや狭く、少し窄んだ印象。

葉の様子

オニノゲシ 葉 オニノゲシ 葉の基部 オニノゲシ 葉
各所の立体的な曲がり方と不整な鋸歯が顕著なせいで葉形をつかみづらい。披針形程度。
基部は耳状に極端に強く張り出し左右が持ち上がっていて立体的に変形していて、茎を隠すように張り付いている。横から見るとこの部分だけ丸く裏面が見えている。葉裏は少し色が薄く白緑。鋸歯の縁等もやや持ち上がって葉全体が立体的。
葉質は少し硬めでつやが強い。棘状の鋸歯はノゲシと異なり実際に硬くよく刺さる。この鋸歯はやや持ち上がったりやや下がったり葉面に対し立体的になっていて、どの方向からもどれかが刺さる…。主脈のクリーム色以外に側脈も葉脈の色が薄くなっていて、模様になっている。
基部左右先端はノゲシのように三角にはならず、丸っこい

果実の様子

オニノゲシ 果実 頭花内の花数が多くかなり密集していて向こうは見えない、透明度を感じない真っ白。痩果はやや明るい色で、脈が目立つ。痩果と冠毛の間に柄はない。

真冬のロゼットの様子

オニノゲシ 幼生株のロゼット よく張り付いている。切れ込みや鋸歯の、縁部分が立体的に持ち上がってくしゃっとしている。隙間にがっちりと砂が詰まっているものが多い。


花確認:
2006(F5)
2008(F8)(F11)(F12)
2009(F1)(F2)(F3)(F4)(F5)(F6)(F8)(F9)(F10)
2011(F5)
2012(F8)
2013(F3)
実確認:
2008(C11)
2009(C1)(C2)(C3)(C4)(C5)(C6)(C9)(C10)

宮城県版のノゲシ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。