まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

アメリカイヌホオズキ

アメリカイヌホオズキ とりあえず果実
ナス科 ナス属
123456789101112

Solanum ptychanthum Dunal

※花がないので寂しい記事かもしれないが情報として掲載
オオイヌホオズキに似るが花は小さくテリミノイヌホオズキと同程度で5mmから6mm程度が普通。オオイヌホオズキよりずっと小さい。
花冠は夏のものでも紫のものが多い。(白もあるが。)
全草の形態は【●PEPD】エリア周辺(千葉)と【●PECTDATA】周辺(宮城)ともに、ア カ ネのような草むらに乗っかって被さるように伸びる、巻かないつる性に近いものがほとんど(※大株の場合だが。)。大きくなったものでは全長は2m程度になる。
やや軟質の茎なので伸びまくると乗っかったりして枝垂れていて、フェンスから垂れている場合もある。
どちらのエリアでもフェンスから垂れているものを確認。全体の実数が異様に多いので鈴なり、という印象で、他のイヌホオズキ類と雰囲気が異なる場合も多い。

現在の記事のものは既に花期ではないが、まだ残っていて萎れていない花冠がたまたまあったので改めて(初めて見たわけではないので。)計ってみたところ、 葯は1mmなく、花冠裂片は2mm。実際にはほとんど痛んでいないが少し萎びた可能性を念のため考慮しても、2.5mm程度で、 平開時に花径は6mm程度と思われ、この意味でもアメリカイヌホオズキで問題ないと思われる。


花数(果実数)は花序内に1から4で大抵3、株内平均で3.いくつ、という程度で少ない印象。
ただし株内の花序数が異様に多い場合が多いため、全体としては相当な数になる。
花序は近接してほとんど散形に小花柄がつき、 4花以上の場合はひとつがそこからやや離れる場合が多いが、オオイヌホオズキ程顕著には離れない。
なお、ひとつないし数個が離れて着く形態自体はイヌホオズキ類では普通のようで、全体が総状のイヌホオズキとカンザシイヌホオズキはともかく、オオイヌホオズキはほぼ必ずで、テリミノイヌホオズキとこのアメリカイヌホオズキでは、「わりと」という程度で見つかる。ただしどれも、4花以上の場合の話。
なお、オオイヌホオズキとカンザシイヌホオズキでは結構離れた位置につく場合も多い。(オオイヌホオズキに至っては、節がある場合もある。)
ナス科ではむしろ、ひとつずつつくものより何段かで構成される花序が普通なので、数が増えれば珍しい性質でもないと思われる。

葉と茎の様子

アメリカイヌホオズキ 茎 この群落では異様に元気なので葉は大きく育っていて(状態が悪く撮影していないが)、7cm程度のものもあった。
オオイヌホオズキより少し細身な印象はあるが大差ない。
葉裏には脈状に毛が散生する。

茎は基本的に軟質で上方に向かって屈曲する「し」の字状の白っぽい軟毛が生える。(かなり近寄らないと目立たない。)
若い部分に多く、下部のよく育った部分はほとんど無毛が普通

果実期の様子と果実の様子

アメリカイヌホオズキ 果実期 アメリカイヌホオズキ 若い果実 アメリカイヌホオズキ 果実
アメリカイヌホオズキ 果実 アメリカイヌホオズキ 果実
果実は大抵多数つく。
果実期の小花柄はテリミノイヌホオズキとは異なりイヌホオズキやオオイヌホオズキのような単純なサクランボ状の垂れ方。まぁ多くは茎・花柄も含めて枝垂れているのだが。
果実期の萼はそれほど肥大せず細長く伸びてもいない。萼裂片は1.5mm程度で半ば張り付き先端が少し反る
左右辺が持ち上がらないのでぺらっとほとんど平面状なので、イヌホオズキやテリミノイヌホオズキと大きく印象が異なる。
オオイヌホオズキとよく似た形状、形態となる。

オオイヌホオズキ同様極端にきれいな球形で、径はずっと小さく6mmから6.5mm程度でふたまわりくらいは小さく見え、 たまに、もう少し大きくて断面が陸上トラック形のようなテリミノイヌホオズキのものと同形のものも混じる場合がある。
テリミノイヌホオズキではこの横に引っ張ったような形状のものが普通で小さい球形のものの方がそこに少し混じるが、アメリカイヌホオズキではちょうどそのバランスが逆で、小さくて球形のものが普通で、まれに大きい変わった形状のものが混じるのが普通。
若い果実には少しささくれたような白っぽい斑点がほんの少しだけあり、漆黒に熟すと斑点はなくなる。
つやはイヌホオズキと比べてやや強い程度。

種子と球状顆粒の様子

アメリカイヌホオズキ 種子 アメリカイヌホオズキ 種子
種子は0.9mmから1mmで扁平な水滴型、表面は微細な網状にくぼみがある(肉眼では分からない)。
果実内の種子数は90程度あり多数。
アメリカイヌホオズキ 球状顆粒(果実内) アメリカイヌホオズキ 球状顆粒(果実内)
種子とは別に球状顆粒と呼ばれるいびつな小さな粒が10程度混じる。
(明らかに種子のできそこないも混じるのでよく見る必要がある。)

テリミノイヌホオズキとのオーバーレイ表示

アメリカイヌホオズキ テリミノイヌホオズキ 果実重ね表示 アメリカイヌホオズキとテリミノイヌホオズキの同一縮尺乗算画像。
きれいな球形のものがアメリカイヌホオズキ、うにっと横に引っ張った形状のかなり光沢のある方がテリミノイヌホオズキ。
方眼をぴったり合わせたので分かりやすいと思うが、テリミノイヌホオズキの標準形状(うにっと伸びた形状の)の果実の方が一回りは大きい。アメリカイヌホオズキはやはりかなり小さい
オオイヌホオズキは「ごろん。」「ぼてっ。」と書きたくなるような大きさなものが普通。ただし各所の雰囲気がオオイヌホオズキと見られるものの中にも果実が小さい個体もあり、それぞれかなり多様な形態になるので極端に典型的なもの(花径も花数も果実径も)でないと厳密にオオイヌホオズキとアメリカイヌホオズキとを区別しきれない。イヌホオズキ類はよく攪拌される土壌等でもよくみんなで混生しているので、中には雑種もあるかもしれない。


花確認:
2006(F7)
2008(F11)(F12)
実確認:
2006(C7)
2008(C11)(C12)

宮城県版のナス属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。