まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ハナニラ

ハナニラ トップ
ユリ科 ハナニラ属
123456789101112

Ipheion uniflorum (Graham) Raf.

花は径3cmから3.5cm程度、草丈は花茎の高さで10cmから15cm程度。
白い花だが薄い灰系藍色のグラデーションが入るため重厚でしっとりした印象。透明感はない。花被片は途中から急に放射して倒れ平開
葉は肉厚でぼってりした細長い線形。花期に葉が多いものからあまりないものまであり、個体差が大きい。

全景と群落の様子

ハナニラ 全景 ハナニラ 全景 ハナニラ _allall
放置すると周辺でかたまってよく大群落になる。

花と蕾の様子

ハナニラ 花の拡大 ハナニラ 花横 ハナニラ 蕾
花被片先端は摘んだように少し延びているがあまり細くない。外花被片は卵形気味、内花被片は少し細身。花被片が外に倒れて平開する位置のあたりに葯がぎりぎり覗き、メシベ柱頭はそれよりほんの少し奥にある。花被片の裏側は中央に濃い紫の線になって、その左右は滲んだ斑点状に薄くなる。重なって筒状になった部分は紫線の加え色が長い間黄色っぽい(平開部分も若い時期は黄緑なのだが段々失われる)ので、複雑な色の組み合わせに見えて蕾や花裏の方が結構華やか。
葯や柱頭が橙なので青系の入る花被片に映えていいアクセント。
透明の長い苞がきれい。開花時期にはその先端は平開部分より下になる。

花確認:
2006(F4)
2007(F1)
2008(F2)
2009(F3)(F4)
2011(F4)

宮城県版のハナニラ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。