まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ウグイスカグラ

ウグイスカグラ トップ
スイカズラ科 スイカズラ属
123456789101112

Lonicera gracilipes Miq. var. glabra Miq.

花は花径1cm程度、花冠の長さ1.2cm程度、樹高はまちまちだが低めで1mから2m程度。
樹林地の下草の一ランク上程度の高さという程度。
まだ他の植物の葉が茂らず光が遮られない時期に早々に花を咲かせる。
やや横向きから下向きにまばらに花を咲かせる
葉と花の展開具合の時間的関係はまちまちでほぼまともな葉がないような状態で見事に満開のものからしっかり育った葉ばかり広げてほとんど蕾のものと、色々見られるので遠目ではこの植物を認識しづらい。

なお、宮城県で出歩くエリアでは変種で腺毛だらけのミヤマウグイスカグラもともに多数見られる。
毛深いのが気持ち悪くはあるが果実期には毛はほとんどなく味も同じ。→【ミヤマウグイスカグラ

全景の様子

ウグイスカグラ 全景 ウグイスカグラ 枝 葉があってもなくてもごちゃごちゃしてコンパクトカメラではまともに合焦しないので離れての撮影は大変。
これだけ離れると花の位置に左手をかざしてピントを合わせるわけにも行かないので、マニュアルフォーカスがない場合苦労する。
このような場合、立ったまま撮影する場合は幹の真下の10cmから20cm手前にピントを合わせてからカメラの角度を上向ければ丁度よい。
…撮れてもまともに見えるようなものにもならないが。
メインの枝は真上に伸び弓のようになっている。横枝はかなり真横方向に伸びる。

枝先の様子と花の様子

ウグイスカグラ 花序 ウグイスカグラ 花序
ウグイスカグラ 花序 よくしなる長い枝から対生の枝を出し対生の葉をつけて脇にちょこちょこ長い花柄を出して美しい紅色の花をつける。
色は色なのだが、正直葉の陰に隠れたりで目立たない。

ウグイスカグラ 蕾 ウグイスカグラ 花の拡大 ウグイスカグラ 子房と苞葉
芽から、段々と伸びていく花柄を横向きに出して蕾も横向き。蕾は伸びると子房の先で花冠基部が一端前方(上面側)へ膨れることで花冠が下向きになり、そのうち花柄まるごとがきれいに下垂する。(横に伸びていた花柄が徐々に下垂することで、随分長くなった印象になる。)
花冠先端は45度程度に開きメシベ先端はその裂片先端あたりまで延びているがオシベは裂片の半分くらいまでにとどまる。
近寄れば鮮やかな黄色の花粉が目立つ。
なお、花冠はやや薄い紅色一色ではなく、かすれたような感じ。大きく白くなった部分があったりする。
子房下位なので薄緑の子房が蕾時期から見える。
苞葉は線形で1枚の場合と2枚の場合が見られるが、とれてなくなったから1枚といった感じではない。
子房の先端に微細な五稜になった萼が見られるが肉眼ではその形状はほとんど分からない。

葉の様子

ウグイスカグラ 葉 ウグイスカグラ 葉 ウグイスカグラ 葉裏 やや狭い菱形、菱状卵形、菱状倒卵形、言葉にすればまちまちな形態を採るが結構特徴的。
若い葉は軟毛が多いがすぐに脱落する。
裏面は少し白っぽくなっている。

幹の様子

ウグイスカグラ 幹

若い果実の様子

ウグイスカグラ 若い果実 ウグイスカグラ 若い果実
ウグイスカグラ 果実 黄緑だったものが段々膨らみ、薄く黄色っぽくなって何本か筋状にその色を残しながらそれ以外の部分に褐色味がさし、段々赤くなっていく。
なお、稔らなかった膨らんでいない子房も色の変化自体は同じように起きている。

果実の様子

ウグイスカグラ 果実期 ウグイスカグラ 果実 ウグイスカグラ 果実 ウグイスカグラ 果実
ウグイスカグラ 果実の拡大 結実率は結構よいようで、まばらだった花がほとんど実になる。黄色味の混じらない紅色で種子がやや透ける上部には苞が宿存してくるんと反っているので見ていて面白い。
先側がやや太く、倒卵体。
ぶよぶよで、表面は新しい風船のように表面に白い粉が吹いたようになっているためちょっと不気味かもしれない。味は甘酸っぱく、薄味のサクランボっぽい味。

果実の様子

ウグイスカグラ 果実 ウグイスカグラ 果実
このように実つきは大抵よい。ただいつもクモの巣だらけで写真としては汚くなる。
ウグイスカグラ 二つの果実 ウグイスカグラ 果実 二つで咲いた花もきちんとそれぞれ実になっている。フラッシュを使用せずに撮ったものでだけ、ごろんと大きな種子の影が透けている。

若い枝と古い枝からの新しい芽吹き

ウグイスカグラ 新しい枝 ウグイスカグラ 新芽から蕾
ウグイスカグラ 若い新しい枝 ウグイスカグラ 托葉
先端から新しく出る枝には独特の角丸四角が左右融合したような托葉らしきものがつくのだが、このため一瞬でこれと分かる。

変わり花

ウグイスカグラ 融合した花 ウグイスカグラ 別々の花の蕾
子房が融合したものと、花柄先端の苞の先で二花しっかりできるものと。探してみれば結構まちまちに変化しているので面白い。
ウグイスカグラ 融合した若い果実 ウグイスカグラ 二花つくもの 左は上段のその後の様子。メシベが二本あった時点で確定的だったが、やはり接続部はふたつになっていた。
右は上段とは別のものだが二花ついたものの開花状態(結構多数見られる)。


花確認:
2009(F3)(F4)
2010(F4)
2011(F3)(F4)
実確認:
2008(C6)
2009(C5)
2010(C5)
2011(C5)

宮城県版のスイカズラ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。