まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

ミズキ

ミズキ トップ 花序
ミズキ科 ミズキ属
123456789101112

Swida controversa (Hemsl. ex Prain) Soják

花は径1.2cm程度、高木で結構な高さになる。周辺で見られるものはそれほど高いものはなくまぁ5mから7m程度か。
平たいほとんど皿のような伏せた半球状に白い花が多数集まった花序が全体としてかなり多数つき、横によく伸びる枝で葉もみんなかなり水平になっているためそれぞれの枝が離れEの字のようというか段々になり花が横に線状に連なって見えて目立つ。遠目でもこの木が生えているのはすぐに分かる
対生のクマノミズキより花期が早く(※花の形状も異なる)、葉は互生する。ただし花期には古い枝から出た次の枝は若く葉序がつまって密集しているため対生に見える場合もある。雰囲気的には花序の襟巻きのようになっている。

離れた様子と枝の様子

ミズキ 少し引いた枝の様子 ミズキ 枝の様子

蕾・花序と花の様子

ミズキ 蕾・葉 ミズキ 花 ミズキ 花横・花序
メシベは白いほとんど真っ直ぐな細いもので花弁の1/3程度の長さで、基部に円盤状の薄い若草色の構造物があり、オシベはその下から4本湾曲斜上し花弁の1.3倍から1.5倍の長さ。
花弁はほとんど狭楕円形に近いわずかに先細りする形態で、平開する。先端は一応尖るが少し丸みを感じる。
小花柄は基部付近だけ緑味がありほとんど白で、その先で子房が花より下(子房下位)につく。子房は楕円体から倒卵体で基部と上端は色が薄くそれ以外は黄色味のない緑色。つやはない。

葉と葉序の様子・幹の様子

ミズキ 葉序 ミズキ 葉柄・葉序 ミズキ 幹
つやが結構ある。葉先は少し垂れるものが多い。10cmから15cm程度でほぼ楕円形から倒卵形・卵形、基部は弱い円形で、先端は摘んだように延びて尖る。縁はいびつな全縁といえるような低く間隔の長い波状で鋸歯はなく、前後に弱く波打つ。裏は少し白っぽい。葉柄は3cmから5cm程度。表面は側脈がきれいに並び、間を真横にみんな平行に細脈が走るのが特徴的。細脈の並びは何だか面白い。葉序は花期にはつまっていてほとんど輪生状になっていたりするので分かりづらいが、互生する。
茎には灰褐色の四角錐(断面がダイヤ状で先で一点になる、ピラミッドの形)を横から潰して断面をダイヤにしたような突起がある模様。古い部分へ行くほど長細くなっている。幹はそれが激しくなったようなもので、すべすべした緑地に、癒着した明るい灰褐色の模様が密で、一見、緑の方が筋状の模様のよう。

若い果実期の様子

ミズキ 果実期 ミズキ 果実
ミズキ 果実 若い果実ではぱんぱんに張り切っているからか花期より少しつやが出ている。少しいびつ。花はシンプルな構造なものの白なので目立っていたが、若い果実の時期にはまったく目立たない。白かった小花柄は黄緑になっている。花柄は黄色味が少しあり少し薄い若草色で若い果実には黄色味はないので色の差がきっちり分かる。花柱が結構宿存しているのでつんつん面白い。
この後は黒く熟し、花柄はやや赤褐色を帯びるダル象牙色になる。

果実期の様子

ミズキ 果実 ミズキ 果実
ミズキ 果実 渋めの色だがカラフル。卵球形でころんとして可愛らしい。段々黒くなる。


花確認:
2009(F5)
2011(F5)
実確認:
2009(C6)(C9)
2010(C10)

宮城県版のミズキ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。