まつどとか
千葉北西部、
        くさのめも
      周辺ぷち植物誌。
© T. Codd

シロネ

シロネ トップ
シソ科 シロネ属
123456789101112

Lycopus lucidus Turcz. ex Benth.

花は幅4.5mm程度、全体に比して随分小さい。草丈は50cmから90cm程度が多くかなり高い。大株では1.5m程度ある。
葉は強く濃い緑でややつやもあり茎も太くしっかりしていて節毎に紫の染まりがあるので、草薮でも結構存在感があるので見慣れていればすぐそれと分かる。ただ花が色・サイズとも目立ちにくいため、みたことがない場合葦の草薮等では気づかずにスルーする可能性も高い。
コシロネ(というかこちらでは見つけるとほとんどがヒメサルダヒコと思われる)と比べ圧倒的に大きい上に質感も全く異なり、かなり強そう。

某河川高水敷にて数株確認。工事のエリアのすぐそばで、昨年には50cm脇程度まで重機等のための作業足場としての鉄板が敷き詰められていた場所で、ぎりぎり作業スペースから外れていたのでたまたま助かった(というか鉄板のあった場所にも元々あったのだろう。)ようだが、今後どうなるかは不明。工事は中途のようで、今後も行われるようなのでまた鉄板だらけになるかもしれない。(なお、鉄板をどけた後はむき出しの土に帰化植物ばかりが生えている。)

全景の様子

シロネ 全景 肉眼ではかなりの存在感だが、写真にしてしまうと周囲の緑に溶け込みあまり目立たないのが少し残念。レンズ径の大きなカメラで撮れば背景がぼけやすいのでよりはっきり目立ってくれるが、残念ながら、私のものは大きめ径とはいえコンパクトカメラ。まぁこの程度になる。(これでもできるだけ開放にして撮ったのだが。)

引いた写真と花の様子

シロネ 花序周辺・茎 シロネ 花 シロネ 花 対生する葉腋にて、一旦上に屈曲している葉柄と茎の面に挟まれてそれぞれ5、6花程度の小さな花序をつける。少数で柄も短くサイズも小さいので、相手の葉の側についた花序と接することはない。隙間に白い小さなものを詰めただけという印象。
花冠下唇は角丸四角状の長楕円でもっとも大きく、二列並んだ赤紫の斑点がもっとも多い。なお、斑点は全ての片に見られる。(※斑点のない個体もある模様。このエリアではみな斑点あり。)
メシベは上の裂片からその長さ分くらいはみ出していて近寄るとちょんと出ているのが目立つ。2本あるオシベの方は花冠裂片基部あたりで顔を出すか出さないか位の位置に並んでいる。
花冠内部は長軟毛でかなり毛深い
萼片は鋭く長く、斜めに開いた状態の花冠裂片と同じ適度か追い越している。

葉と茎の様子

シロネ 葉 シロネ 葉 シロネ 葉裏
シロネ 茎 シロネ 茎の節周辺拡大 横に張り出した無骨な葉濃緑でしっかりした質で、表面にはぶつぶつの凹みが多少みられる。光沢は強め。葉形は披針形か、ほとんど等幅(広線形)になる。縁ははっきりと強い鋸歯があり、荒々しい。葉縁には斜上する短毛が密。葉裏の主脈上には長さの不揃いな前方に曲がった長毛が多く生え目立つ。
茎の節周辺はそれにつながる葉柄基部付近も含めて濃赤紫に染まり、かなりのアクセントとなっている。葉柄下面は主脈裏から続く軟毛が確認でき、節は節上部に並んで軟毛が密生。長軟毛が下向きに、短軟毛が上向きに茎に寄り添って生えている。
四角い茎の稜部分はやや円筒状になっている。稜の中央や稜が面と接する部分、それに面部分に数列、列状に毛のような突起物(あまり発達しておらず、乳頭状突起)が散生している。


花確認:
2009(F7)

宮城県版のシロネ属
スポンサーサイト






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。